留学・海外留学なら留学ワールド

Experiences台湾留学/上西 沙苗さん

台湾留学/上西 沙苗さん
お名前上西 沙苗さん
年齢女性
滞在国・都市台湾・台北
コース名レギュラークラス
学校名国立台湾師範大学 国語教学中心
期間2008年9月-2009年6月・9ヶ月間
留学しようと思った理由はなんですか?
中国語の勉強って楽しい!高校の時に選択授業で中国語の基礎を学び、その時の授業が楽しかったので「中国語の勉強イコール楽しいもの」という考えがありました。それで中国語に興味を持ちました。高校卒業後、就職して仕事ばかりだったので中国語を学ぶ時間も機会もなく3年経ち、せっかく高校で学んだ中国語がすっかり抜けてしまっていました。その時、友人から短期で留学出来る学校があるらしいという話
を聞き、せっかく中国語の基礎を学んだから話せるようになって将来に活かそうと思い、仕事を辞め、留学することにしました。
留学先と期間及び予算を教えて下さい。
台湾;台北  国立台湾師範大学国語教学中心 9ヶ月
渡航費、学費、滞在費、生活費、全部ひっくるめて100万くらい
一ヶ月の生活費はいくら位でしたか?
10万弱くらい。家賃、生活費は家やルームメートの有無によって様々ですが、だいたい4万くらい。食事はすべて外食、ですが食費は安いので、月1-2万くらい。学費が一学期(3ヶ月)8万弱。お小遣いが月1万くらい。食費を節約するなら学食で済ますべし、1食150円前後でOK。
留学してよかったことは何ですか?
言語の習得はもちろん、文字通り世界中に友達ができる!クラスメートだけでも5ヶ国前後いる。教室の外でも図書室やロビー、食堂やカフェコーナーでも友達が出来る。そしてその友達を通してまた別の友達も出来る。教室で中国語を学ぶ以外にも、その人たちの国の言葉や文化を教えてもらうことが出来る。日本だけしか知らなかった私の世界が一気に広がりました。言語の上達するのが自分でも驚くほど速い。学校でも外でもネイティブの中国語ばかりだから嫌でも中国語が耳に入って頭に入ってしまうし、話してしまう、だから日本で言語教室に行ったり、教材のCDを聞いてるよりもずっと良い。
留学期間中辛かったことは何ですか?
一、日本食が恋しくなって日本食を食べに行っても、まともな日本食にありつけないこと。
二、日本で考える常識が通じないこと。例えば交通事情。歩行者優先?いえいえ、バイク、タクシー、バス、車が優先です。車は突っ込んで来るものです。当たったくらいで文句言ったらダメです。当たって転んだくらいで事故だなんて言えませんよ。他には、店員の接客態度。お客様?いえいえ、店員様。客がいようがいまいがお構いなし。食事したい時はそこで食事してます。しかも家族で食卓囲んでます。夫婦喧嘩中ならすごーく態度悪っ!
三、ほとんどの家でバスタブがない。シャワーだけ。
四、トイレットペーパーはトイレに流せない。便器の横にあるゴミ箱に捨てるべし。公衆トイレなら、そのゴミ箱があふれてるのでご注意を!ポケットティッシュは常に持っているべし。
五、外を歩いてると、なぜか濡れる。何の水かわからない水が降ってくる(落ち
てくる)。たぶんエアコンの水だろうと思われるが・・・。
六、台湾はバイク大国のため、空気が悪い。空気が原因で気管に病気ができて緊急帰国した友達がいる。
留学ワールドを選ばれた理由は何ですか?
留学を考えてインターネットで情報を探してる時にDEOW留学センター(留学ワールド)を見つけました。無料だったのでアクセスして申し込んでみると、夜だったにもかかわらず、数分もしないうちに担当者が直接電話してきてくださりすぐに対応していただいたので、頼れるなと思いました。その後もメールや電話でいろんなアドバイスをしてくださったり、ビザの手続きの方法や、学校の入学手続きなどもわかりやすく教えてくださったので、本当に良かったです。現地の空港出向かえの担当の方も本当に頼れる方でした。実際、とてもお世話になりました。初日からたくさん迷惑をかけっぱなしでしたが、毎回ちゃんと対応してくださいました。本当にDEOW留学センター(留学ワールド)にお願いして良かったと思います。
これから留学をされる方へ一言お願いします。
留学して後悔することなんてありません。むしろ留学しなかったら後悔すると思います。留学は得することばかりです。もし留学するか迷われているのなら、思い切って留学されることを強くお勧めします。私も留学なんて初めてで不安もたくさんあったので3ヶ月だけの予定で申し込んで日本を出国しました。・・・が、気づいたら9ヶ月経ってました。もっともっと長く留学していたいと思いました。帰国する時は外国人の友達とは涙涙のあいさつでした。今でもメールや電話、スカイプなどで連絡しあってます。私は留学してたくさんのものを得ました。言語力、自立力、世界中の友達、ついには婚約者(韓国人)まで留学によって出来ました。留学することをお勧めします!

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応