留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

イギリス 短期学生ビザ(11ヶ月まで)

6ヶ月以上の長期で語学学校に通う場合は6-11ヶ月有効な「Short-term Study Visa」の申請が必要です。1年(12ヶ月)で申請をすることは不可で、通学・滞在できる期間は最長でも11ヶ月となります。


Short-term Study Visa(6ヶ月まで)との違い

ポイント1

通える学校は語学学校のみ

6ヶ月までのビザでは語学以外の分野の短期コース(例:アート&クラフトのお稽古)にも通えるのに対して11ヶ月までのもので通える学校は語学学校のみになります。
ポイント2

必ず事前申請が必要

申請はオンライン上で行い、後日ビザ申請センターに出向いて手続きを完了します。
ポイント3

健康保険追加料の支払いが必要

6ヶ月以上イギリスに滞在するEEA圏外国籍の者は、現地の国民健康保険利用のための保険料の支払いが必要です。11ヶ月までの短期学生ビザの場合は約1年の滞在に付き£150になります。
ポイント4

現地到着後にBRPの受け取りが必要

長期滞在のビザの場合は「Biometric Residence Permit」と呼ばれる滞在許可を証明するカードを受け取らないといけません。

Short-term Study Visa(11ヶ月まで) 取得までの流れ

イギリス現地の学校に申し込みをします(学校への申込が完了していないとビザ発行に必要なレターを出してもらえません)。
学校から発行されるレター含め、必要な書類を渡航前にすべて揃えます。※書類一覧は下記参照
オンライン上でビザ申請をして申請料の支払いを完了します。この時に東京または大阪のビザ申請センターでのアポイントメントを取り、面接や書類提出をします。
後日、イギリス入国を許可する30日間有効な仮のビザが貼られたパスポートが返却されます。BRPカード受け取りの詳細が書かれた書類も一緒に来るので確認が必要です。
許可されている30日間以内に渡英します。
イギリス到着後から10日以内、または仮のビザの有効期限内に指定の郵便局でBRPを受け取ります。


Short-term Study Visa(11ヶ月まで)必要書類

学校からの入学許可証(ビザレター) 学校に申込み後、支払いを完了すると学校から発行されます。その学校に当学生が通うことを証明し、そのためのビザ発行をイミグレーション審査に依頼をする書類です。
滞在費用証明/英文財政証明書 現地の生活費を賄えることを証明するために用意します。本人名義ではない場合は、経済的補助をする者(例:当学生の親など)の署名入りのレターや本人との関係を証明する書類(戸籍謄本と翻訳など)を同時に携帯すること。
滞在先の詳細、証明書 学校に滞在先を手配してもらっている場合はその申込を証明する書類、自分で手配している場合も予約確認の書類を用意するようにしましょう。
証明写真 生体認証(指紋とデジタル写真)を提出する申請者は不要ですが、生体認証が免除となる申請者は証明写真の提出が必要です。また、自分の国籍国以外の国で申請を行う場合も写真は必要となります。
在職・在学証明書、留学の計画表など 実際に提示が求められることはあまりですが、自分の語学留学生としての信用性をアピールするのに使用できます。
※上記はあくまでも参考となる書類一覧です。追加の書類提示を求められる可能性もございますことご留意ください。


申し込むメリット

    • 日本最大級の学校紹介数。
      より多くの学校の中からお選び頂けます。
    • 手続きやビザサポート費用をいただかない手数料無料のエージェントです。
    • 世界主要8都市に直営の現地オフィスを展開
      充実の現地サポートをご提供しています。
    • 大好評!出発前の無料英会話レッスン&無料オンラインレッスンプレゼント!
    • 海外旅行保険や航空券等の各種手配もフルサポート!
    • J-CROSS認証留学事業者。
      さらに安心のプライバシーマーク取得企業