留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

ジュニア留学

ジュニア留学

フィリピンで人間性と英語力を養う

日本から一番近い公用語が英語の国、フィリピン。フライト時間も短く、直行便が就航しているので、お子様の単独渡航でも心配ありません。

自然豊かなリゾート地フィリピンでグローバル化が進む社会で活躍するための英語力を養い、お子様が持つ可能性を高めてみませんか?
語学留学

フィリピンのジュニア留学がオススメな理由

  • マンツーマンの授業が多い
  • フィリピン留学は、マンツーマンの授業中心のカリキュラムになっております。特にお子様の場合は、学習の習熟度など様々なレベルの方に対応できるように工夫が施されており、集中力が続くか心配なお子様でもひとりひとりのペースに合った授業が展開されます。

  • 価格が安い
  • フィリピン留学は、欧米留学に比べて価格が安いという点も魅力の一つです。価格が安いだけでなく、学校ごとに厳しい入社時の英語力のテストや定期的な講師の研修を行っておりますので、授業の質にも問題はありません。

  • 近くて時差が少ない
  • フィリピンは直行便の就航数も年々増えており、セブやマニラへは直行便で4-5時間と欧米の半分以下の時間で到着します。時差も1時間しかないので時差ぼけの心配もありません。

  • 英語を勉強しつつ、のびのびと生活が出来る
  • フィリピンには、ビーチリゾートとして有名なセブ島をはじめ、多くの美しい海があります。自然あふれる環境の中でのびのびと英語を学習していただける環境が整っています。

ジュニア留学チェックポイント

  • TOEIC

    WEGビザ

    フィリピンの出入国管理法により原則15歳未満のお子様が単独でフィリピンに入国することは出来ません。そのため、15歳未満の方が単独で渡航する場合は事前にビザ申請をしていただく必要があります。詳しくはカウンセラーまたはフィリピン大使館へお問い合わせください。
  • TOEFL

    単独渡航の最低受入れ年齢

    フィリピンでは15歳未満のお子様が単独で渡航することは原則禁止されているため、学校によっては15歳以上でないと単独渡航での入学を受け入れていないことがあります。
  • IELTS

    カリキュラム

    ジュニア留学の実績が高い学校の場合、ジュニア向けのプログラムを提供していますが、学校によっては年齢に関係なくプログラムを開講している場合があります。同年代の学生と同じグループで勉強したい場合やジュニアに合わせたカリキュラムで勉強したい場合は、対象としている年齢も確認することをおすすめ致します。
  • ジュニア留学におすすめの学校

    ◆Bayside English RPCキャンパス

    Bayside English RPCキャンパス

    日本式の安心サポートが受けられる学校

    Bayside Englishはフィリピン屈指のリゾート地であるセブ島にある語学学校です。自然溢れる広大な敷地内には現地のインターナショナルスクールも併設されています。ジュニア留学サポートや復路の送迎サービスなど安心の充実サポートです。詳しくはこちら

    ◆CPILS

    CPILS

    ジュニア留学の受入れ実績が高い学校

    CPILSはフィリピンで最も歴史が長い語学学校です。日本の高校からの団体留学の受入れも行っているため、ジュニア留学のカリキュラムは充実しており、長年の実績を基に作成されたジュニアプログラムには定評があります。詳しくはこちら

    ◆CIJ ジュニアキャンパス

    CEBU ESL

    CIJジュニア留学専門キャンパス

    CIJは元々ジュニア留学の専門校としてオープンした学校であるため、ジュニア留学のプログラムが充実しています。短期留学から現地校の進学まで長年のキャリアを持つ講師とスタッフがサポートいたします。詳しくはこちら