留学・海外留学なら留学ワールド

留学費用の比較

留学にはどんな費用がかかる?

留学費用

「留学したい!」と思った時に、まず気になるのが留学費用。留学にはどの位、お金がかかるのでしょうか。以下では、留学にかかる費用の内訳と説明、国同士の比較、そして費用を安く抑える方法についてご案内します。
留学にあたり、以下のような費用がかかります。

出発前にかかる費用
学校の申し込み手続きを完了し、まだ現地入りする前の段階で支払う必要がある費用は主に以下の通りです。
  • 授業料
  • 入学金、教材費などの事務手数料
  • (有料留学エージェントを利用する場合)申込み代行・サービス料
  • 滞在費
  • 航空券代
  • 海外旅行・留学保険料
  • その他、パスポートやビザの申請料金、健康診断受診料など諸費用

到着後にかかる費用
  • 授業料や滞在費(コース延長や現地入りしてから見つけた滞在先の家賃など)
  • 交通費
  • 食費
  • 通信費(携帯電話代など)
  • 交際費、お小遣い
  • ビザ延長料、身分証発行などにかかる事務手数料等

次に、留学の目的や行き先の国によって変わる費用を比較します。

留学の目的別 国同士の留学費用比較

語学留学

授業料、滞在費、現地でかかる生活費はその国の物価の違いや語学学校の競争の激しさなどの影響をダイレクトに受けます。
生活費は物価が低い地方の方が都会より安くなりますが、「授業料が」安い学校は価格競争が起こりやすい都市部の方で見つけやすく、都市部を離れると語学学校は一定以上の高めの料金を設定している傾向にあります。しかし、大都市ではホームステイ、学生寮、ハウスシェアなどの滞在費用が家賃の高さに比例して高額になり、逆に地方は滞在費は安めです。

主な英語圏の国の費用比較

アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
19~22万円 16~19万円 18~26万円 19~22万円 17~22万円
*約1ヵ月の授業料と滞在費。上記の表は大まかな目安としてご利用ください。

その他英語圏の国の費用比較

アイルランド マルタ フィリピン
19~22万円 15~20万円 10~20万円
*約1ヵ月の授業料と滞在費。上記の表は大まかな目安としてご利用ください。

大学留学

大学留学の場合、一番費用の総額に影響するのが学費、その次が、行き先の都市によって変わる滞在費や生活費と言えます。また、卒業(学位取得)までにかかる年数が多くなるほど、かかる費用も単純にその分増えます。学費は私立より公立の大学の方が安く、北米の多い短大(コミュニティカレッジ)に通うとさらに安く抑えられます。


その他英語圏の国の費用比較

アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
160万円~ 280万円~ 170円~
学士取得に4年 学士取得に4年 学士取得に3年* 学士取得に3年* 学士取得に3年*
*ただし、日本の高卒の場合は本科を始める前に1年の準備課程の受講が必要となることもあり、その場合は結果的に卒業まで4年かかります。

大学の正規学生は、海外留学生でも奨学金や援助金の応募ができるのが大きなメリットです。修士課程以上になると、「研究費」としての資金補助を受けることもできます。

奨学金のタイプ

Need based scholarship
「必要性に応じた」奨学金で、低所得層など大学に行くのに資金補助が必要な学生が対象です。

Merit based scholarship
「能力に応じた」奨学金で、優秀な成績やスポーツ競技の才能など、特にその大学に大きく貢献できる要素が強い学生を呼び込むためのものです。

中学・高校留学

中学や高校の正規留学には、年間数百万円もの費用は覚悟しないといけません。
カナダ、ニュージーランドやオーストラリアでは、留学生は公立の学校にも通えますが、イギリス、アメリカではほとんどの場合私立校へ、それも「ボーディング」(寮滞在)をする上での入学となります。
アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
170万円~(公)
290万円~(私)
370万円~ 206万円~(公)
400万円~(私)
220万円~(公)
290万円~(私)
*1年の「授業料+滞在費」の大まかな目安。公立校の場合、滞在方法は主にホームステイとなります。

ワーキングホリデーの場合の費用は?

ワーキングホリデーが通常の「留学」と大きく異なるひとつの点が「学校に通う必要がない」ことです。そのため、「授業料」はかなり削る、またはそもそも出さない方向で行くのも可能です。
一方、絶対必要なのは、航空券代、滞在費、留学保険、現地での食費や交通費等、ビザ申請費などの諸費用です。生活費は到着後のアルバイトでもカバーすることができます。

留学の費用を安く抑える方法

割引やキャンペーンを利用する

留学費用の総額の中でも大きな割合を占めるのが学校の授業料ですが、一般的な語学留学の場合、ここは費用節約が効果的にできるところでもあります。
長期で行く場合、ぜひチェックしたいのが長期割引が適応されているプログラムです。「アカデミックイヤー」や「アカデミックセメスター」などと呼ばれる固定された期間の長期プログラムは、通常の授業料金で長い週数申し込むよりもかなりお得な金額になっているので、その時期と期間で問題ない、という方は利用すると良いでしょう。

期間限定で授業料が得になるプロモーションやキャンペーンには大きく分けて以下のタイプがあります。

同じ授業をより安く受けられる

例:
  • 授業料から○%を割引
  • 入学金などの事務手数料が免除される


同じ料金でより長時間の授業が受けられる

例:
  • 3週間分の授業料で4週間の申し込みができる
  • 週15時間授業のプログラム料金で、週18時間授業のプログラムにアップグレードができる
  • 一定以上の授業数・週間の申し込みで選択授業が無料で追加できる


どちらのタイプのキャンペーンが本当に「お得」なのかは留学計画によります。
たとえば、「この週数以内に申込みを収めないといけない」のならより長期間の申し込みができるキャンペーンよりは同じ期間内の授業が増えるキャンペーンの方がありがたいですし、「あんまり長時間の授業は嫌」という場合は授業数が増えるものよりはシンプルな割引の方が嬉しいですね。

現地でアルバイトをする

主にワーキングホリデーや、就労許可のある学生ビザで留学に行く場合に限られていますが、留学先現地で発生する食費、家賃や交通費などの出費は現地でのアルバイトでまかなうことができます。
バイトで留学費用を全てカバーする、いわゆる「0円留学」にできるような収入はもちろん期待できませんが、補助となるお金があるだけでも心強いです。
アルバイトはさらに、現地のワークカルチャーに触れたり学校の生徒やスタッフ以外の人と交流して言葉を話す練習ができたりする良い機会なので、金銭的な面からだけでなく、挑戦してみるのをお勧めしたい活動です。

アルバイトができるケース

  • イギリス:Tier 5 YMS ビザで渡航する場合
  • オーストラリア:ワーキングホリデー、または学生ビザで学校に通う場合
  • ニュージーランド:ワーキングホリデーで渡航、または特定の学校に14週間以上通う場合
  • カナダ:ワーキングホリデーで渡航する場合


行く都市と時期を変える

留学計画をフレキシブルに変えられる余裕がある方は、ぜひ「場所」と「時期」を改めて考えてみることを勧めます。場所(都市)の違いは「物価」、よって現地での生活費に、そして時期の違いは航空券代と、場合によっては語学学校の授業料や滞在費に大きく影響するので、費用節約に向けて注目したいところです。
生活費や滞在費(ホームステイ代など)は都会よりは地方都市の方が安いです。航空券に関しては、夏、年末年始や日本のゴールデンウィークなど旅行が多くなる時期に高くなり、生徒の数が多くなる夏の時期は学校も超過料金を授業料に追加することがあります。

普段通りの節約方法も忘れずに

上記では、「留学の」費用を抑える方法について説明していますが、その中で忘れてはいけないのが、留学している・いないは関係ない、普段からの「節約術」です。
外国にいるとはいえ、到着後に送るのは「生活」です。日本にいても、海外にいても日々の節約の方法は大きく変わりません。外食が高いのであればなるべく自炊をする、交際費節約のための歩きや自転車で行ける場合はそうする、学校帰りや休日に遊びに行く時はお酒はほどほどにするなど、ちょっとした習慣は留学中でも財布に優しいものです。慣れている日本から出ていると金銭感覚が変わったり、羽目を外してしまったりするかもしれませんが、それで日々気を付けていたはずの節約を忘れてしまうと金銭面で大きな打撃を受けることになります!当たり前すぎて考えていなかった...という方、留学中の生活習慣にも気をつけてください。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応