留学・海外留学なら留学ワールド

オーストラリア 大学留学

大学留学
留学生も歓迎する良質な大学
オーストラリアは様々な学習の分野で積極的に留学生を受けて入れていて、大学も例外ではありません。大学の数は少なく、その分教育水準が高く保たれていて、大学によってどの分野が強いのかが明確に現れているのが特徴です。そのため、学生は自分が学びたいことに合わせて志望大学を選択でき、卒業後も役立つ実戦的な勉強に励めます。
学士修了までの期間は通常3年ですが、学歴や英語力が足りないなどの理由で準備課程を受講する必要が出てくると、合計の留学期間は4年前後に伸びます。

オーストラリア大学留学の費用

大学留学は、進学先や専攻によって費用が大きく変わりますので、しっかりと予算を見積もることが重要です。以下は初年度1年間の費用の目安です。

ビザ申請費用 9.5万円
航空券代 9万円
海外旅行保険 20万円
学費 180万円-300万円
生活費 72万円
滞在費(※) 85万円
合計 370万円〜600万円
※:ホームステイ1カ月、残りをシェアハウスの家賃で算出

必要な学歴・出願条件

正確な出願条件は各大学によりますが、高校卒業以上の学歴は必須です。求められる成績は志望大学や志望コースにより、音楽や美術などの芸術系の場合はポートフォリオ(作品集)の提示やオーディションが必要となることもあります。
留学生の場合望ましいのが、高校卒業後に大学準備コースを修了することです。オーストラリア以外の国の高校卒業は現地の「高卒」と同等とみなされないこともあり、対象の国の学生は準備課程「ファウンデーションコース」を受講してから大学本科に進学します。


英語力について

一般的に学士課程の受講に必要とされるのがIELTS 6.5以上と、少し高めです。
英語のレベルが少し低めの場合も、本科開始前にファウンデーションコースを受講して伸ばすことができますが、ファウンデーションコースの入学条件にも満たない初級・初中級レベルの場合はまず語学留学から始める必要が出てきます。


ファウンデーションコースについて

Foundation(ファウンデーション)とは「基礎」という意味で、ファウンデーションコースはその意味合いの通り、大学の本科に進むための学力や知識の基礎固めをする準備課程のことです。オーストラリアの大学では1年目から専門学習が始まり、日本の大学の一般教養にあたる勉強は高校の段階で終了するため、現地の高校を卒業していない留学生はその部分を補うためにファウンデーションコースを受講します。コースは大学が直接開講、または提携先のカレッジで開いて提供されていて、良い成績で修了すればその後は大学本科へ進級することができます。


オーストラリア大学留学まとめ

概要・注目ポイント

  • 就学期間:学士の場合、通常3年

  • 一般教養はなく、1年目から専門的な勉強

出願条件

  • 学歴:高校卒業以上
  • 語学力:IELTS 6.5以上

条件を満たしていない場合は

学歴面

日本の高校を卒業していれば、1年の準備課程「ファウンデーションコース」を修了してから本科に進級することができます。(高校2年以上の修了で入学が許可されるコースも時々あります。)


英語面

最終学歴が日本の「高卒」で英語力が足りないということであれば、ファウンデーションコース受講中に英語力も伸ばせます。ただ、ファウンデーションコースの受講にも通常IELTS 5.0前後の英語力が求められるので、入学前からの英語学習はするに越したことはありません。


留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応