留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

高校留学

外国語での科目学習はもちろん、現地の同級生や地域の人々との交流も視野を広げ、国際的な感覚を養います。

中学・高校留学とは?

高校留学

自分の可能性や合う教育はもっと日本より外にあるのではないかと、視野を広くしてみると思うこともあるかもしれません。語学力、コミュニケーションの技術、国際的な感覚とたくさんの刺激、そして海外の大学や専門学校に進学するチャンス。「グローバル」が当たり前になってきている現代、自由が利く中学生・高校生のうちに日本を出てみると、きっとより大きな世界が見えてきます。



なぜ中学・高校留学?

◆海外の大学に進学するのに有利

日本で高校を卒業してから外国の大学に進学することはもちろん可能ですが、行きたい大学がある国の「高卒」の資格を持っていると、単位の変換や入学前の別科の受講が必要なくなってきて、出願や入学手続きがよりスムーズになります。また、早い段階から英語でアカデミックな勉強をすることに慣れておけるというのも大学が始まってから利点になります。



◆世界を舞台に活躍できる人材に育つ

バックパッカー

当たり前のようですが、海外の高校に通う利点は日本の学校ではできない体験が待っていること。外国で生活をしていると、今までの自分にとっての当たり前が通用しない異文化に戸惑うことも多いかもしれません。しかし、その異文化体験を通して子供は成長し、当たり前のように慣れ親しんでいないことも理解しようとする感覚を身につけていきます。また、現地ならではの自由な学習理念と「個人」を大事にする教育が各生徒の可能性を最大限に引き出し、卒業後は母国だけでなく世界レベルで活躍できるように育成します。

中学・高校留学の種類

体験入学

1学期や1年などの期間で海外の学校に通って現地の生徒と同じ授業を受けて過ごし、帰国後は日本の在籍校に戻り、卒業します。


交換留学

日本の在学校が海外の中学・高校と姉妹校の協定を結んでいる場合、「エクスチェンジ学生」としての留学も可能です。両校の間の交流を活性化させる活動として有意義です。いつかは逆に日本で海外の同級生を受け入れることになるかも?


卒業目的の正規留学

日本の学校を退学し、海外の高校に編入して現地の高卒の資格取得を目指す留学で、海外の大学進学を目指すならこのような形で高校の段階から現地に馴染んでいくのも良いでしょう。卒業後は帰国子女として日本の大学に出願するのも選択肢です。

Q &A

  • どれくらいの成績が必要ですか?
    志望校によって求められる学力のレベルは変わってきますので一概に言うのは難しいところですが、成績が良いほど出願できる学校の幅は確かに広がります。場合によっては在学校の成績の提示だけでなく志望校の入試の結果を合わせてで合否が決まります。
  • 英語が上手くなくても行けますか?
    留学先の学校での授業について行けるくらいの語学力はついていないと、入学後に大変な思いをする可能性は高いです。留学生のための英語の補助レッスンを設けている学校もありますが、渡航前になるべく英語力を伸ばしておくのが望ましいです。
  • 卒業後の進学はどうなりますか?
    高校卒業後にそのまま現地の大学に進むだけでなく日本の大学に応募する選択肢もあります。留学の期間によっては帰国子女枠を受験することも可能になってくるので、入り口を変えて難関大学への入学も狙えます。
  • 現地ではどの学年に入りますか?
    日本と教育制度や学年度が開始する時期が違う国の学校に入学する場合は、生徒の年齢、成績や語学力などを見て学年を決定します。たとえば英語力が低い場合は、それを伸ばす猶予を与えるため本来より一つ下の学年から開始する対応になることもあります。

中学・高校留学ができる国



現地スタッフによるガーディアンサポート

DEOW留学センターは中学・高校への正規留学をするお子様や保護者様のためのガーディアンサポートを承っております。学校との仲介やお子様の安否確認などを保護者様に代わって行いますので、お子様を一人で海外に行かせる方はぜひご利用ください。