留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

イギリス留学 費用について

イギリス
留学を計画するにあたって大きな壁となりうる、従ってとても気になるポイントが「かかる費用」ですが、以下項目では、プラン別で見た留学にかかる費用の解説と、「イギリスへの留学」という視線から、節約ポイントや注意点について説明します。

1. 留学費用の内訳

滞在方法
授業料
受講するコースの学費です。語学学校は基本的に「○週間」単位で計算され、専門学校や中学・高校は「1学期」ごと、大学・院は「1年」ごとの計算が一般的です。

滞在費・現地生活費
ホームステイ代や学生寮の費用、長期で行く場合は現地でのハウスシェアの家賃などの滞在費用の他に、食費、交通費、交際費や遊ぶためのお金などがかかります。
航空券
航空券代
留学先までの往復の飛行機代がかかります。

海外旅行・留学保険
もしもの時に備えて、保険には必ず加入しましょう。現地での医療費や賠償責任などをカバーできます。

その他諸費用

他に、学校の教材費、滞在先手配料などの事務手数料、必要ならビザ申請料パスポートの申請料、留学エージェントなどに払うサービス料などの費用が追加されます。


2. 費用を抑える方法

プロモーションやキャンペーンを利用

留学費用の節約面でも特に効果的なのが授業料を抑えることで、語学留学の場合の一番の方法はキャンペーンの利用です。授業料の割引・何週間分の授業を無料で追加・1週間の授業時間のアップグレード・申し込みの特典など様々な形がありますが、使い方によっては同じ費用でかなりお得に授業を受けられるのでお勧めです。
語学留学の授業料は毎年少し値上がりするのが常ですが、「来年の入学でも今年中に手続きすれば今年の料金でOK」というルールで受け付られる、早い故の利点もあります。
大学、公立の専門学校や中学・高校が学費の割引をすることはほぼありませんが、学校同士で比べて判断する手はあります。


行く時期を変える

留学に行ける時期は現実的に見ると、学校や仕事が休みになる時になることが多いですが、そういった時に渡航するのは費用面では少し痛いということにもなりえます。利用者が多いシーズンは航空券の値段が割高になり、場合によっては2倍の価格に膨れ上がることも!もし行く時期に融通が利くなら、旅行・留学の閑散期に行った方が得します。どうしても時期をずらせないという時は、直行便ではなく経由便を利用したり、到着を週末ではなく平日にするなどの変更をすると渡航代も少し削れます。
また、語学学校の授業料や手配している滞在先の料金も繁忙期には超過料金がかかることもよくあるので、いらぬ追加料金を出さなくても済むようにも、渡航時期はよく考えてみるのが正解です。


行き先の都市を変える

授業料として出すお金をケチるつもりはない、でも生活費はできれば節約したいという方には思い切って行き先の都市を変えてみるのがお勧めです。
授業料はロンドン、オックスフォードなどの大きい都市の方が学校同士の差が大きく、いわゆる格安校を見つけることができます。一方で、地方都市は価格競争が起こりにくい分学校の授業料は高めですが、物価が低いため滞在費や生活費を低く抑えられます。授業が同じような価格で同じような内容なら、費用面ではその他の要素がものを言います。生活費を節約するには場所を変えるのが効果的です。


YMSの特権!アルバイトをする

イギリスでは、観光ビザはもちろん、学生ビザでも一部の例外を除き就労はできません。しかし、Tier 5 YMS(旧ワーキングホリデー)ビザ保持者であれば、留学中のアルバイトが可能であり、現地での生活費をカバーするにとても有力です。
他にも、語学学校では時々「授業料免除と引き換えに校内で仕事を受け持つ」交換条件プログラムを持っていることもあり、こういったものを利用すると、授業料とバイト代を相殺するような形でかかる費用を抑えられます。
日本人のアルバイト先として定番の日本食レストラン(ジャパレス)に勤めると、まかないにありつけるので食費が節約できるのもちょっとした知恵です。

3. 留学費用 ココに注意!

為替レートや上乗せ

支払う金額が決定する時は、学校が請求するイギリスポンドでの合計額になりますが、日本から支払いをする場合は「日本円を使って」払います。よって、実際にいくらかかるかには、何円で1ポンド相当になるのか、つまり為替レートが関係してきます。同じポンドの金額を払うにしても、円高の状態なら少ない日本円で済み、逆に円安だと損します。機関や企業によっては為替レートに数円を上乗せして生徒に請求をすることもありますが、そういったポイントも確認しておくと、必要以上の日本円を出さないで済む費用節約にもつなげられます。


プログラムに含まれるもの・含まれないもの

「安いのには理由がある」のは一般的な認識ではありますが、同様に「高いのにも理由あり」です。高めの授業料には、よく見ると参加無料のスタディクラブ、定期的なチュートリアル、放課後のソーシャルアクティビティ参加費などが含まれているかもしれません。
直接的な節約とは言えないですが、支払った分に対して妥当なものが提供されるのかという角度で考えてみると、節約はできていなくても、多めに出すことに納得できるという結論はつけられるかもしれないです。


4. 留学プラン別 費用の解説

語学留学

学校次第で大きな差!授業料を比較

語学留学の費用で大きな節約につなげられるのが「授業料」のカットです。
学校選び次第で、長期的に見ると何十万円という額を抑えることもできますが、一方で安いゆえ妥協しないといけないポイントについても渡航前に理解しておかないと、現地についてから落胆することも可能性としてはあります。
以下の表では、イギリス・ロンドンの語学学校の授業料を比較しています。1週間でどれくらいが相場なのかを知っておくと、見積りなどを見た時に「高い・安い」をより冷静に判断することもできます。
1週間 4週間 12週間 24週間
低価格の学校 ※1 £110(16,940円) £420(64,680円) £960(147,840円) £1800(277,200円)
平均的な学校 ※2 £265(40,810円) £1000(154,000円) £2580(397,320円) £4680(720,720円)
プレミアム価格の学校 ※3 £402(61,908円) £1208(186,032円) £3384(521,136円) £6768(1,042,272円)
授業料の差 £155~292
(23,870~44,968円)
£580~788
(89,320~121,352円)
£1620~2424
(249,480~373,296円)
£2880~4968
(443,520~765,072円)
※1 The English Studio
※2 St George International
※3 Regent London
すべて週15時間の授業、午前の時間割で計算

※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(※1ポンド=154円で計算、2017年12月現在)

大学

要注意:留学生の学費は現地学生の数倍かかります。

イギリスの大学はほとんどが政府から経済的補助を受ける「公立」ですが、それでも学生本人が負担する学費は高額です。「ホーム」や「ドメスティック」などと呼ばれる現地学生でも学士号で£9000/年近くかかることもあり、留学生は通常現地学生の2-3倍となります。大学によっては奨学金制度もあり、修士以上になると「研究費」という形で経済的な補助の申請も可能となりますが、可否は研究内容などにより左右されることも多いです。
多くの場合、新入生は1年目は大学の寮に住み、2年目以降は友達とハウスシェアなどをして暮らします。生活費はその都市の物価が大きく影響する家賃、食費や日用品の価格などで変わり、節約をするポイントはこういった学費以外の費用をいかに低く抑えられるかにかかってきます。
大学に1年通う場合の目安 *学士号修了には3年かかります
学費 約2,600,000円
滞在費 約1,000,000円 *大学の寮利用
生活費 約2,000,000円 
保険 約260,000円 *1年
合計 約5,860,000円
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(※1ポンド=154円で計算、2017年12月現在)

中学・高校留学

寮生の学費は滞在・食費込み。諸費用やアクティビティ代、他サービス料が別途かかります。

イギリスでは、留学生が通えるのは私立の学校で、ほとんどの場合はボーディングスクールに寮生として通うことになります。学費と寮滞在費、食費などが含まれ、渡航後はクラブ活動や修学旅行などにかかるお金や、一時帰国の飛行機代などがその都度発生します。
通学生として通う場合(両親と一緒に渡航など)は通学生の学費が適応され、少し割安になります。
私立高校に寮生として1年通う場合の目安
学費 約3,700,000円
航空券 約200,000円 *1回の往復直行便
保険 約260,000円 *1年
ガーディアン費用 約245,000円 *ガーディアンは現地での保護者役として手配します
制服、教材費、修学旅行代などの諸費用 約100,000円
合計 約4,405,000円
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(※1ポンド=154円で計算、2017年12月現在)

ジュニアプログラム

プログラム費用は「全込み」が基本:あとは航空券と保険だけ!

サマースクールなどのジュニアプログラムは、授業料、滞在費、食費、アクティビティの際の交通費や入場料など必要なものがプログラム料金に全て含まれているのが基本です。そのため、ほとんどの留学費用は渡航前に支払いを完了し、本人には現地で使う分のお小遣いなどを持たせておけば問題なく、総額の把握もしやすいです。
2週間サマースクールに通う場合の目安
プログラム費用 約300,000円
航空券 約200,000円 *往復直行便
保険 約15,000円 *14日間
合計 約515,000円
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(※1ポンド=154円で計算、2017年12月現在)

5. 参考:イギリスの物価一覧

バスの初乗り(ロンドン) £1.50(231円) チェーン店のコーヒー1杯 £2~(308円~)
電車の初乗り(ロンドン) £2.40~(370円~) サンドイッチ+飲み物の昼食 £5~(770円~)
タクシー代(ロンドン) £6~(924円~)/ 1マイル 平均的なレストランの食事 £13~15(2002~2310円)
ハウスシェア家賃(ロンドン) £500~700/月(77000~107,800円) 水500mlのペットボトル £1~(154円~)
煙草1箱 £10(1540円)前後 ビール1杯(570ml) £3(762円)前後
※上記の表はおおよその目安としてご参照ください。


手数料無料で留学に行ける!

当社留学ワールドでは留学の相談、申し込み代行を無料で行っております(一部例外あり)。また、世界中様々な国や都市の留学を扱っておりますので、どんな予算にも合った留学プランの提案ができます。
さらに、「為替レートの上乗せ一切なし」「費用の一時保管はせずに当日現地へ送金」と、不要な追加費用を頂かないこと徹底しております。手数料無料エージェントの中でもさらに安くご利用頂ける1社としてお客様の留学をサポートしております。
留学の相談は対面、メールや電話で承っております。どうぞ、ご利用下さい。


イギリス留学説明会も東京、大阪、名古屋の3オフィスで定期開催しております。まずは全体の概要について知りたいという方、ぜひともご参加ください!