留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

フィリピン留学 費用について

フィリピン
格安で行ける語学留学の国として注目を浴び続けているフィリピンですが、実際の安さはどれくらいのものなのか気になる方も多いものと思います。
以下項目では、留学費用の内訳やフィリピン留学が「どういう風に安い」のかについての解説に、節約方法、注意点、欧米との費用比較などについて説明します。

1. フィリピン留学の安さは「お得」感!

イギリス

フィリピン留学の安さの理由

欧米などの英語圏への留学の3分の1や3分の2程度の費用で済むと言われているフィリピン留学ですが、その理由と背景には何があるのでしょうか。
一番の理由は、フィリピンがまだ発展途上国であることによる、土地代、人件費などの低さです。プログラムにかかる費用が低ければ、提供価格も自然と低くなります。他には、日本と距離が近いため航空券代が安く済む(往復1-2万円程度でもいけるLCCの就航もあり)ことや、物価が低いため現地の生活費を抑えられる点があげられます。
イ1対1

「絶対的」よりも「相対的」な安さとして考えてみる

もう一つ、「安い」と言われるポイントとしては、「同じ金額で受けられる授業時間が欧米より多い」というのがあります。欧米の学校は大人数グループレッスンを1日2-3回程度、対してフィリピンの語学学校は1対1の授業が基本で、しかも多い場合は1日に10コマ近く講師に指導してもらえる環境です。欧米だと1回で1万円前後もかかる1対1の授業が、フィリピンならより安く何回も受けられます。つまり、低価格でより密に指導してもらえる「お得」な語学留学なのです。
高価格で指導が少ないグループレッスンを少ない回数(欧米)VS 低価格で自分だけに合わせてもらえる1対1を多い回数(フィリピン)、という違いになります。短期間で英語力を伸ばしたい、そしてお金をかけたくない人のためのコストパフォーマンスの良い留学先がフィリピンです。

2. 留学費用の内訳と解説

出発前にかかる費用

フィリピン留学
・入学金(登録料)
・授業料(寮やホテルなどでの滞在費と食事含む)
・航空券代
・海外旅行・留学保険
・他、必要ながパスポート申請料、留学エージェントや金融機関などに払う手数料やサービス料など

現地到着後にかかる費用

フィリピン留学
・SSPの申請料(Special Study Permitの略。フィリピンで語学学校に通う場合に申請が必要)
・ビザ延長の申請料 ※5週間以上の通学に限る
・ACR-Iカードの料金(Alien Certificate of Registration Identity Cardの略。外国人登録証) ※59日以上の滞在に限る
・寮の水道代、光熱費
・教科書代
・消耗品や日用品

3. フィリピン留学の費用 ココに注意!

通貨、為替レートや上乗せ

フィリピンの場合、学校の料金は日本円またはアメリカドルでの提示となります。日本円の場合は合計いくらになるかはすぐにわかりますが、ドルの金額を「日本円で」支払う場合は、為替レートが影響してきます。円高の状態なら少ない日本円で済み、逆に円安だと損します。機関や企業によっては為替レートに数円を上乗せして生徒に請求をすることもありますが、そういったポイントも確認しておくと、必要以上の日本円を出さないで済む費用節約にもつなげられます。

良い両替所を見つけるのもポイント!
現地到着後、出費はすべて現地の通貨フィリピンペソで出すことになりますが、そこで影響してくるのが両替えのレートです。使った両替所のレートが悪いと、「○ペソにしかならなかった」と損することになり、両替えをした金額が大きいほどそのロスは痛いものになります。
細かいことのようですが、ちょっとでも賢く、節約して生活したいのであれば良心的な両替えができるスポットをメモしておくと役立ちます。


到着後に支払うものも多数あり!

語学学校の料金は「全込み」だと、出発前に支払って安心しきっていると、着いてからびっくりすることになるかもしれません。
フィリピン留学の費用を予想と計算する時は、「出発前」と「到着後」の項目を分けて考えるのが基本です。上記に上げた「SSP」の申請料、5週間以上通う場合のビザ延長費用、59日以上の場合は必要な滞在許可証明、ACR-Iカードの発行代、学校の寮の水道光熱費や、トイレットペーパーなどの日用品・消耗品のための出費など、出発前の支払いができないものも多数あります。
もちろん、休日の観光、たまの外食や友達と遊びに行く時のお金などのお小遣いもかかります。予算は、現地での生活もできるくらいにあるかどうかを再確認するようにしましょう。

出費を抑えるためにも、遊びはほどほどに
費用面でありがちな失敗が、安いからとついつい使いすぎてしまうことです。
フィリピンでの語学留学は授業時間が長く、濃密です。そこで、その勉強の疲れやストレスを和らげる適度な遊びも大事になってくるのですが、この交際費が気を付けていないと意外とかさんでいきます。しかし、マッサージ、外食、アイランドホッピングなどの旅行、観光アクティビティ、酒代などに何も考えず費やしていると、日本円にして月2万円ほどは思ったより速く消費してしまいます。
費用重視で行ったはずのフィリピン留学が無駄遣いで終わってしまわないよう、安い中でも自重と節約は忘れないように。


4. 留学費用の節約方法

大人数部屋で申し込む

フィリピンの語学学校の授業料は滞在費込みの価格、つまり「○人部屋滞在で○コマの授業なら1週間でいくら」という設定になっています。なので、授業時間を妥協せずに料金をカットするにはコマ数をそのままにして部屋タイプを変更するのが効果的!一部屋のシェア人数が多いほど安くなります。
多くの学校では一部屋の人数は1-3人と設定していますが、中には4人、5人や6人などの大人数部屋を用意している学校もあり、こういった大部屋の滞在プランを利用すると費用もかなり節約できます。もちろん、人数が多い分騒がしくなったり周りに気を遣うこともあるかもしれませんが、気にしない、こだわらないという方には「大人数部屋」はお勧めの節約方法です。


授業のコマ数を減らす

逆に、滞在する部屋のタイプはそのまま、授業時間を減らして費用を節約することもできます。授業が多い学校やプランだと1日に7-8コマの対面授業ということもあるのがフィリピン留学ですが、その中にも1日4コマ程度のかなりライトな授業プランを提供している学校もあります。レッスン数を減らすと単純にその分の授業料がかからなくなるわけなので、より自由時間を確保したい方にお勧めの節約方法がこれです。


キャンペーンやレポーター割りを利用する

授業料+滞在費のパッケージ式料金がそのまま割安になったり、同じ条件、同じ金額でより長く通学できるのがキャンペーン利用の良いところ!授業のコマ数を減らさず、大部屋利用という妥協をしなくても支払う金額が低くなるのが嬉しいポイントです。ある一定の期間以上申し込みをしないと利用できないことが多いですが、長く行くほど費用がかかるのも必然だと考えると、長期の留学にこそキャンペーンは嬉しいですね。
交換条件ありの割引、レポーター割りは、ソーシャルメディアや情報発信のスキルに自信がある方にお勧めの費用節約方法です。授業料を一部割り引いてもらう代わりに、学校や留学経験の体験談などについてのレポートを書いて配信していきます。学校のアピールや宣伝になる情報発信をしてくれる生徒は学校にとって有り難い存在!レポーター割りは双方にメリットのあるキャンペーンなのです。


行き先の都市を変える

「安い」と言われるフィリピン留学でも、経済成長が活発な大都市や多くの旅行先が常に集まるリゾート地の学校だと、その需要に応じて学校の費用も高くなりつつあります。土地代や人件費がかからないのも安い所以であるフィリピンなので、費用を抑えるにはその土地代等が「今も」安い場所へと、思い切って行き先の都市を考えなおしてみるのが効果的です。


留学ワールドの割引・最低価格保証

当社留学ワールドのフィリピン留学は最低価格保証付き!同じ条件のプログラムが他社でより低価格で申し込み可能となっているのをもし発見されましたら、弊社からの請求金額を同等以下に致します(見積り書等での性正確な確認・裏付け必要)。安いフィリピン留学を一番の低価格で提供することに努めておりますので、金銭面で心配がある方もどうぞお気軽にお問い合わせください。
さらには弊社だけの割引も各種ご用意しております!

説明会参加割引
留学ワールドのフィリピン留学説明会にご参加頂いて申し込みをされた方に、期間に応じた割引

リピーター割引
2回目以降のお申し込み(4週間以上)で5000円引き

同時申し込み割引
ご家族やお友達、カップルなど一緒に留意申し込み(4週間以上)をされた方には、それぞれ3000円引き


5. プランと期間で見る料金の比較

表1 プラン内容でかかる費用を比較

以下の表では、フィリピンの語学学校の実際の授業料を、留学プランの内容期間ごとに比べています。数字を見てみると、授業数や部屋タイプなどの内容によってどれくらい変わってくるのかが分かり、どれくらいが相場なのかを知っておくと、見積りなどを見た時に「高い・安い」や「どれくらい得か」をより冷静に判断することもできるでしょう。
1週間 2週間 1ヶ月(4週) 3ヶ月(12週)
低価格プラン ※1 33,800円 63,800円 113,800円 336,400円
一般的なプラン ※2 63,840円 95,760円 159,600円 478,800円
プレミアムなプラン ※3 145,000円 279,000円 533,000円 1,480,000円
※1 学校:C2 Ubec・6人部屋利用・授業時間は1日9コマ
※2 学校:CIA・3人部屋利用・授業時間は1日10コマ(自習含む)
※3 学校:Universe English・ホテルの1人部屋利用・授業時間は1日6コマ
注意:料金がUSD設定の学校の場合は、1ドル=114円(2018年1月現在)に変換して出しています。

※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。

同じ金額で欧米に行こうとすると…?

表2 同じ金額でカバーできるフィリピンと欧米の語学留学費用

以下の表は、フィリピンの語学学ならかかる料金を見て「もし同じ金額で欧米の語学学校に通うなら」どこまでのものがカバーできるかを想定しています。
こちらを見ると、フィリピンなら「1週間の授業、滞在と1日3食」分となる費用は欧米だと授業料にしか当てられない、たとえ欧米で滞在費も賄える金額でも通える期間はフィリピンの場合の半分である、など、いかにお得に賢く語学学校に通える行き先なのかが具体的に見えてきます。
(表1)で上げた金額は、欧米の語学学校なら○○分に該当する
金額 カバーできるフィリピンの語学学校費用 カバーできる欧米の語学学校費用
33,800円
(低価格プラン1週間)
1日9コマの授業、6人部屋滞在費と食事1週間分 ・グループレッスン1日3コマ前後の授業料1週間分
または
・1対1のレッスン3回
63,800円
(低価格プラン2週間)
1日9コマの授業、6人部屋滞在費と食事2週間分 ・グループレッスン1日3コマ前後の授業料1週間分

・ホームステイ滞在1週間分
336,400円
(低価格プラン12週間)
1日9コマの授業、6人部屋滞在費と食事12週間分 ・グループレッスン1日3コマ前後の授業料4週間分

・ホームステイ滞在4週間分
※上記の表はおおよその目安としてご参照ください。

6. 参考:フィリピンの物価一覧

日用品・交通・外食

※1ペソ2.8円で計算
ジプニー運賃 約8ペソ(22円) トライシクル 約8ペソ(22円)
レンタカー代 約1000~1500(2800~4200円)/1日 タクシー初乗り 40ペソ(約112円)
チェーン店のコーヒー1杯 100~130ペソ(280~364円)前後 平均的なレストランの食事 250~400ペソ(700~1120円)
ミネラルウォーター1本 約20ペソ(56円) ビール1杯 約35(98円~)
煙草1箱 約65ペソ(182円) ティッシュペーパー 20ペソ(56円)
トイレットペーパー 約200ペソ(560円)/9ロール

観光やアクティビティ

※1ペソ2.8円で計算
映画鑑賞 1回約65ペソ(182円) ボウリング 約90ペソ(252円)
マッサージ 1回約350ペソ(980円~) ダイビングライセンス取得 約6000~8000(16800~22400円)
※上記の表はおおよその目安としてご参照ください。


手数料無料で留学に行ける!

当社留学ワールドでは留学の相談、申し込み代行を無料で行っております(一部例外あり)。また、世界中様々な国や都市の留学を扱っておりますので、どんな予算にも合った留学プランの提案ができます。
さらに、「為替レートの上乗せ一切なし」「費用の一時保管はせずに当日現地へ送金」と、不要な追加費用を頂かないこと徹底しております。手数料無料エージェントの中でもさらに安くご利用頂ける1社としてお客様の留学をサポートしております。
留学の相談は対面、メールや電話で承っております。どうぞ、ご利用下さい。


フィリピン留学説明会も東京、大阪、名古屋の3オフィスで定期開催しております。まずは全体の概要について知りたいという方、ぜひともご参加ください!