留学・海外留学なら留学ワールド

アメリカ 大学留学

大学留学
自分に合う大学で専門を極める
私立・公立合わせて4000近くの大学があるアメリカですが、現地・海外から興味のある分野の勉強をしようと学生は出願を競っています。入学は入試の結果ではなく、高校の成績、学力試験SATの点数、今までしてきた課外活動など様々な要素が審査された上で決定するので、中学・高校からの勉強の積み重ねが大事です。

大学在学中もGPA(Grade Point Average、成績のこと)の維持はとても重要で、落ちすぎると退学の危険さえもあります。入学だけでなく卒業までが難しいからこそ、学位には価値があると言えるでしょう。

必要な学歴・出願条件

出願にあたってはまず、母国で高校を卒業している必要があります。出願審査の際は最終学歴に相当する学校の成績が評価され、その他の要素と合わせて総合的に合否が判断されます。日本の大学や準学士の資格を取得した上で大学に編入をする場合は最終学歴となる学校の成績が重要になります。

英語力について

アメリカの場合、英語のレベルはTOEFL試験のスコアを基準に判断されます。TOEFL iBTなら61点以上、PBDでは600点以上くらいが相場ですが、志望大学や学部によって前後します。他にも世界共通のIELTS試験や、稀に日本の英検を英語力証明として受け付けてくれる大学もあります。

英語のレベルが必要なものに少し満たない場合は、「指定日までにこの英語力試験でこの点数を取ること」などの条件が付属した「条件付き入学」の許可をもらうこともできます。仮の入学許可のような扱いで、指定された条件をクリアすれば晴れて正式に入学できるものになります。英語では「Conditional offer(コンディショナルオファー」などと呼ばれます。

アメリカ大学留学の注目ポイント

通常より速い卒業も可能
アメリカの大学では一般的に学士号は4年かけて終了しますが、卒業に必要な単位を4年より短い時期で取得することができれば卒業を早くすることもできます。実際にこの単位制のシステムを生かして4年未満で大学を出る学生も少なくはありません。

コミュニティカレッジについて

コミュニティカレッジは日本で言う短期大学のような教育機関で、「準学士」(Associate Degree)の資格が取れます。準学士号を取ると大学の3年目に単位を移行して編入することも可能で、そのまま卒業まで続けられます。コミュニティカレッジは入学条件は4年制大学より低め、また学費が抑えられる面で学生に優しく、直接入学のハードルが高い大学の卒業を目指す道のりとして人気があります。

おすすめのコミュニティカレッジ

カリフォルニア州
  • Diablo Valley College / ディアブロバレーカレッジ
  • Santa Rosa Junior College / サンタローザジュニアカレッジ
その他の州
  • Seattle Central College / シアトルセントラルカレッジ

アメリカ大学留学まとめ

概要・注目ポイント

  • 就学期間:学士の場合、通常4年(しかし、必要な単位を取得すれば早い卒業も可)。
  • コミュニティカレッジからの単位移行や3年次編入も可能
  • 入学から卒業までの成績維持が大事

出願条件

  • 学歴:高校卒業、志望大学が求めるGPAを高校在学時に収めていること。
  • 語学力:一般的にTOEFL iBT 61点 PBT 600点以上

条件を満たしていない場合は

GPAが必要な数値に満たない

入学に必要なGPAが大学より少し低めな、コミュニティカレッジなどで勉強を始め、その後単位を移行して大学に編入、学士取得まで勉強を続ける流れで学士取得を目指せます。


英語力が足りない

大学から指定の時期までに英語力を伸ばした上で入学を許可する「条件付き入学」のオファーをもらえたら、英語のレベルを上げる余裕が出てきます。



留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応