留学・海外留学なら留学ワールド

アメリカの大学と日本の大学の違い

アメリカの大学と日本の大学には多くの違いがあります。いざ留学を始めてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、アメリカの大学の常識日本のものと比べてみましょう。

学費

学費のバランスのイメージ
アメリカの大学の場合
約280万円〜370万円
アメリカの学費は世界的に見ても高いのが特徴です。とくに、大学1年生の時から四年制大学へ入ると高くなります。また、留学準備に必要な費用や、滞在先でかかる費用も合わせると、年間380万円~600万円かかるとみておいたほうがよいです。資金準備は、奨学金なども視野にいれてみてください。

費用を抑えて大学留学したい場合、他国を選択することや、他国の大学からの編入も視野に入れるとよいです。詳しくは以下のページをご覧ください。



日本は?
約80万円〜140万円
アメリカと比べると学費そのものも低くなります。留学にかかるその他の費用も必要ありません。また、大学生は一般的にアルバイトをするので、お給料を学費や生活費に充てることも可能です。

進学方法

「University」と書かれた標識
アメリカの大学の場合
書類選考、高校の成績評価
アメリカの大学進学には、いわゆる学力診断テストがありません(TOEFLなどの英語力証明は必要)。偏差値ではなく、高校での成績や志望理由などのエッセイ、推薦状、スポーツやボランティアなどの活動状況、といったキャラクターの面を重視して選考が行われます。

また、入学の際に専攻を決めておく必要はありません。専門は2年間の一般教養課程の後に決めることなります。

さらに、学費節約のため、最初から四年制大学に進学するのではなく、短期大学(コミュニティーカレッジ)に入学後、四年制大学の専門課程に編入するというスタイルも一般的です。

留学生がアメリカの大学に進学する場合は、まず英語力を上げる必要があります。アカデミック分野で使える英語力を鍛え、TOEFL対策をするため、多くの学生がいったん語学学校や大学付属の語学学校に通います。

進学を見据えた語学留学は、進学に強い学校を裏ぶのがおすすめです。進学に強い学校は、提携校への編入がスムーズにできるなど、多くのメリットがあります。


日本は?
試験・偏差値重視
日本の場合、大学への入学は卒業よりも難しいといわれており、一般的に偏差値重視の選考が行われます。通常は全国共通の一次試験、大学別の二次試験で成績が優秀な人が選考されます。しかし、近年盛んになってる推薦入試やAO入試はアメリカの大学の選考方法に似ています。

専攻は入学時に決定しておく必要があり、専攻によって試験内容が大きく違いします。入学後の専攻変更は可能ですが、さまざまな条件を満たさなければならないので大変な道のりと言えます。また、基本的に専攻は一つしか選べず、ほかに興味のある専攻があった場合は授業を聴講することになります。ただし、より専門性のある授業は別の基礎的な授業の履修が必須であったりと、条件がある場合があります。

卒業方法

アメリカの大学の卒業式
アメリカの大学の場合
単位が必要
アメリカの場合、卒業に必要な単位を満たせば年数に関わらず卒業できます。しかし、課題の多さなど在学中に勉強しなければならないことが非常に多く、入学よりも卒業のほうが難しいといわれています。学士の期間は日本と同じく4年ですが、英語力の点から留学生が3年で卒業できることは非常に稀です。単位重視となるため、「大学1年生」のようなくくりもあまりなく、学生は取得単位数に応じて以下のような呼ばれ方をします。
  • Freshman(フレッシュマン):0~29単位
  • Sophomore(ソフォモア):30~59単位
  • Junior(ジュニア):60~89単位
  • Senior(シニア):90単位以上

日本は?
単位 & 卒業に関する成果物が必要
日本でも早期卒業制度はありますが、利用する人はあまりおらず、基本的には4年(学部によっては6年)で卒業となります。ただし、アメリカ同様必要な単位数は取得しておく必要があり、学部によっては卒業論文の提出、資格の取得、試験の合格、作品の提出など、その他の条件も課されます。

入学時期と卒業時期

カレンダーのイメージ
アメリカの大学の場合
入学時期:8月~9月&年に複数回 卒業時期:バラバラ
アメリカでは、8月から9月に新学期が始まるのが一般的ですが、大学によっては年に複数回の入学(または編入)のチャンスがあります。また卒業時期も、入学時期が人によって違う上に単位数を満たせば卒業できるのでばらばらです。ただし、一般的には5月または6月に卒業式が行われます。

アメリカの卒業式といえば、学校で指定されるレガリア(マント、角帽セット)を着ます。角帽セットに、生徒によって自分なりに装飾して世界に一つだけのオリジナル角帽を作って記念にする学生が多く見られます。卒業証書は学生の名前がひとりずつ読み上げられ、壇上にあがって、校長先生などから渡されます。雰囲気はパーティー色が強く、卒業してからの再スタートに向けて皆、終始笑顔で盛り上がっています。一方で、入学時期はばらけてしまうので、入学式はあまり行わないです。

ご留学者様の状況により、留学に適した時期は異なります。詳しくは希望の留学時期や留学までにやりたいことなど(語学留学など)とともにお問い合わせください。


日本は?
入学時期:4月 卒業時期:3月
日本の場合、大学入学は基本的に4月です。他の時期の例外的な入学はあまりないので、交換留学などで在学期間がずれない限り、卒業時期も一緒になります。

アメリカでは入学式はありませんが、日本では行われるのが一般的です。また、卒業式に関してはスーツや振袖などで着飾り、仲間との別れを惜しみ、厳かに学位の授与式が行われます。

大学の種類


アメリカの大学の場合
公立と国立の分かれ道イメージ 州立大学、私立大学
アメリカの大学は、日本の国立大学や公立大学に分類される「州立大学」と「私立大学」に二分されます。

州立大学は学費が安いのが特徴ですが、州外出身者の学費は高くなり、学校によっては私立大学と同じくらいの学費を払わなければなりません。また、州内出身者を優先して選考する傾向にあり、留学生の入学が難しい場合があります(学校によっては、州外の学生も積極的に受け入れています)。学校規模は比較的大きいところが多く、学校のレベルも多岐にわたるのが特徴です。

私立大学は費用が高くなりますが、そのぶん奨学金が受けやすいなどのメリットがあります。様々な地域の学生が集まってくるため、学生は寮生活が一般的です。学校の規模は大きいものから小さいものまでさまざまですが、州立大学に比べると規模が小さい学校が多いです。レベルは私立大学のほうが州立大学よりも高い傾向にあり、世界的な名門校であるスタンフォード大学やハーバード大学は私立大学です。

日本は?
国立大学・公立大学、私立大学
日本の大学は、国や県などによって運営される「国立大学・公立大学」と、学校法人が運営する「私立大学」に分けられます。

国立・公立大学は私立大学と比べると学費が安いのが特徴です。学校のレベルは多種多様で、アメリカと異なり私立よりも劣る学校が多いというわけではありません。

私立大学は、学費は高くなりますが設備が整っていたり学校独自の取り組みを行っていたりと、国立・公立大学よりも各学校のキャラクターが強いです。

課題の量

アメリカの大学の授業風景
アメリカの大学の場合
予習・復習と課題が多い
日本はどちらかというと復習に重きを置いている習慣がありますが、アメリカは予習にも力を入れないと授業についていけないことが多く、その分自主学習の量が非常に多いです。課題も、毎週の宿題に加えプロジェクトなどの大きな課題と試験がカリキュラムに組み込まれていることがほとんどです。成績は期末にまとめてつけられるのではなく、提出物を出す度に更新されていきます。さらに、個人的な課題よりもグループ課題としての宿題もよく出題されます。学生と交流するのではなく、ランダムに様々なクラスメイトとコミュニケーションをとることが必須であり、日本よりも能動的に動くような教育が重視されています。

日本は?
課題は少なめでテスト前が勝負
日本では中間と期末に大きな課題や試験がひとつずつ、または期末のみというパターンが多いです。そのため、学生はテスト前の期間に集中して勉強することが多くなります。宿題についても、授業には寄りますがあまり出されないのが一般的です。成績は学期末にまとめてつけられます。課題のタイプは専攻によりますが、レポートの作成や授業での発表など、人と協力して行うというよりも個人で取り組むスタイルのものが多いです。

授業の姿勢

食事しながら勉強
アメリカの大学の場合
積極的な発言と自由な受講スタイル
アメリカの授業内の学生の姿勢はとても自由です。そして、日本の大学生と最も異なる点は、発言を多くすることです。質問だけではなく、自分の意見を自由に述べ始める学生もいたりするので、講義が盛り上がる傾向にあります。また、積極的に発言をする姿勢が成績に影響することもあり、それほど発言の姿勢は重視されています。

また、日本では一般的に、講義中の飲食はあまり行儀の良いことではありませんが、アメリカでは常識の範囲内であれば講義中の飲食は許されています。初めはそんな状況に違和感を感じる学生も多いと思いますが、片手に軽食を持って授業に望む事もすぐ慣れてしまうような環境にあります。

日本は?
受け身的聴講とまじめ(?)な受講スタイル
一方で、日本の学生は受け身で授業を受けることが多いことです。基本的には先生の話を聞いてノートをとるという、高校までのスタイルがそのまま続きます。ゼミなどでは発表も行いますが、あまり意見を通わせたり戦わせたりする場面はありません。

また、日本の場合、授業中に食事をする人はあまりいません。コーヒーなどを傍らに置いておく分には問題ないですが、授業によってはしっかりと「飲食禁止」を言われる場合もあります。食事をすることが不真面目というわけではありませんが、授業に関係ないものを持ち込まないあたり、日本の大学の授業はまじめと言えるでしょうか。

教授との距離

教授と学生の話し合い
アメリカの大学の場合
近くて対等
アメリカでは比較的に教授と生徒の距離が近く、教授が生徒に話しかける際に Hi, my friend! などと声をかけたりします。授業の進め方も学生が主体になる傾向が強く、学生の意見を多く取り入れながら進めていく形式が多いです。教授が学生の和に入り、一緒にディスカッションをしたり、講義の中でも真剣に学生と向き合ってくれます。日本の教授に比べると、プライベートを含めオープンな教授が多いので、学生と教授との距離が縮まりやすい環境です。

日本は?
あくまで「先生」
日本はアメリカに比べると上下関係が非常にしっかりしています。先生の存在はあくまで「先生」として、フランクに付き合うということはあまりありません。

アカデミックのサポート体制

図書館で勉強する学生
アメリカの大学の場合
システムとして整っている
教授とは別に個人指導の制度が多く取り入れられていて、授業で分からない事があれば気軽にアカデミックセンターへ立ち寄って質問をすることが出来ます。多くの教授が自分の生徒ではない学生にも快く丁寧に指導してくれます。

また、試験前になると夜中までアカデミックセンタやー図書館が開いていることがあり、学習に十分に励む環境が整っています。

日本は?
個人対応・システムとして整っているわけではない
日本の大学の場合、授業で分からないことがあった場合はその授業を担当している先生に聞きに行くことが多いです。多くの場合、先生は丁寧に指導してくれますし、個別対応してくれることもあります。ただし、これはあくまで先生の性格や裁量によるところが大きく、学校のシステムとして成り立っているわけではありません。

自主学習できる施設は、遅くまで解放されているところもあります。PCルームや図書館などを積極的に利用してみてください。

交渉の姿勢

学生と教授の交渉
アメリカの大学の場合
まずは交渉・柔軟な対処
日本では何事も規則に従って動きますが、アメリカではとりあえず交渉してみることが重要です。学校の規則で○○○が禁止されているから××できない!と決め付けてしまうのではなく、まずはアドバイザーや教授に相談してみることが大切です。自分の提案する事柄ときちんとした動機付け、理由などを持って交渉することで、柔軟に彼らが動いてくれることがほとんどです。

多くの留学経験者、または海外在住したことのある方が「自己主張が重要」と言いますが、本当にその通りなのです。日本の常識からは少し強すぎる程度に自分の意見を主張しないと、相手も組みとってくれないのです。本気でぶつかれば、本気で返してくれます!

日本は?
基本的には決まり通りの対処
日本の場合、交渉しようという姿勢はあまりありません。したとしても、「規則なので」という理由でNGとなることが多いです。また、強すぎる自己主張が少々面倒くさがられてしまう傾向も…。ただし、柔軟性があまりない分、例外処置による混乱も少ないので、分かりやすいというメリットはあります。

滞在方法

学生の引っ越し
アメリカの大学の場合
寮生活・シェアハウスが一般的
アメリカにはさまざまな国籍の学生が留学に来ています。また、国内であっても国土が広いため、特に私立大学では日本ではあまり馴染みのない寮生活が一般的です。まったく知らない人とのシェアハウスも珍しことではいありません。

学生寮に滞在すると、学年や専攻と関係なくさまざまな学生との交流が可能なので、友人関係を広げるチャンスにもなります。3~6人部屋がほとんどで、バスルーム、トイレを皆でシェアするのでプライバシーを維持するのは少し難しいですが、気の合うルームメイトとめぐり合えた場合は毎日がとても楽しくなります。また、現地の出身で寮に滞在している学生は、週末自宅へ戻ることが多いので、寮全体の雰囲気が少し静かになります。

留学生の場合、最初はホームステイをし、ホストファミリーの支援のもとで生活になれるのがおすすめです。留学ワールドでは、自社で厳選した安心のホームステイ先をご紹介しています。



日本は?
実家暮らし・一人暮らしが一般的
日本では実家を離れて進学する場合1人暮らしをすることがほとんどです。寮がある学校もありますが、4年間ずっと学生寮に住み続ける人は少なく、多くの場合途中から一人暮らし用のアパートに住みます。プライベートが守られる環境なので気軽に過ごせるのが魅力と言えるでしょう。ただし、都会に住むほど家賃が高くなるので、生活費がかかる傾向にあります。

通学方法

車にのる学生
アメリカの大学の場合
車OK!
車社会のアメリカでは、車で片道2時間かけて通学する学生がいたりします。大学側も車通学を許可しており、学生用にも駐車場を完備しているところが多いです。車通学が可能なのも、アメリカのように広大な土地を持つ国ならではと言えます。特に西海岸では、車なしでは生活ができないと言われています。

日本は?
公共交通機関が主流
日本では通勤・通学の際、電車が主流です。また、日本の大学は一般的に車通学を許可していません。職員用の駐車場を保持している大学は多いですが、生徒用の駐車場を確保できるほど敷地が広くないからです。さらに、日本の交通機関は世界水準で見ても非常に質が高いので、わざわざ自家用車を買って通学する必要がないという理由もあります。

就職活動・インターンシップの際の履歴書

履歴書のイメージ
アメリカの大学の場合
自由形式
アメリカの履歴書(レジュメ)は、特に明確な決まりがありません。基本的に記載しなければいけないことは決まっていますが、なにをどのように書くかは本人次第です。生年月日、または顔写真、そして会社への志望理由でさえも要求されるまでは記載する必要がありません。特に顔写真は、性別や人種で人を選別する材料となってしまうため、求めること自体がナンセンスだという考えもあります。

日本は?
テンプレートが決まっていて大学・企業指定のものもある
日本の履歴書は、大学や会社から指定があり、それぞれの指示に従って履歴書を作成していきます。生年月日や写真は必須であり、特に写真はわざわざ写真屋さんで撮影する人が多く、欧米の履歴書のトレンドと逆行している節があります。

留学ワールドでは、学校をお申込みの方のキャリアサポートを行っています。海外での大学進学を卒業後のキャリアに活かしたい方は、ぜひご活用ください。


サークル活動・クラブ活動

アメリカのクラブ活動風景
アメリカの大学の場合
多種多様なサークル・クラブがある
日本と同様にアメリカにも多くの文化部と運動部、そしてサークルが存在します。さまざまな人種が入り混じっているアメリカでは、人種別や国際交流に関連するクラブも多いです。人種別のクラブでは、その人種のメンバーが集まるのではなく、その国や文化に興味のある学生が集まっているのがアメリカならではと言えます。

また、アメリカの大学では入学時に専攻を決める必要がないので、クラブ活動として各分野の研究を進めている学生が多いです。さらに、ひとつのクラブ活動に専属するのではなく、ふたつのクラブ活動に属している学生も多くいます。

もちろん、体育会系のクラブもあります。アメリカでは文武両道の概念が日本より強い傾向にあり、どれだけ能力の高いスポーツ選手でも学校の成績が好ましくなければ、停学や退学などの厳しい処分もよくあります。

日本は?
アメリカの大学と同じ
日本も文化部と運動部の両方のサークル・クラブがあり、〇〇県人会のような出身地別の集まりもあります。サークルやクラブは、専攻外の人たちと交流する貴重な機会であり、後々関係が続くような友人も作れます。また、文化祭で一緒にお店を出店したりなど、サークルやクラブの活動以外でも一緒に行動することもあります。

アメリカ大学留学に向けて

アメリカの大学のイメージがなんとなくつかめたら、いよいよ具体的な準備を始めましょう!

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応