留学・海外留学なら留学ワールド

Summer Schools 20212021年サマースクール特集

2021年サマースクール特集
2021年サマースクール特集

1. 2021年のサマースクール事情

classroom

2021年の夏休みこそ留学・サマースクールへ

コロナによって留学を諦める人が多い中、夏休みに1週間から参加できるサマースクールは、比較的実現しやすい留学です。

2021年の春現在、コロナの対策が進んでいる国ではサマースクールを実施する学校がでてきました。今後の状況を注視しなければならないものの、今年こそ留学をしたいという方にとって魅力的なオプションといえます。

こちらでは、サマースクールの概要やコロナ禍での注意点、よくある質問をまとめました。2021年のサマースクールを検討中の方は、ぜひご覧ください。

2. サマースクール選びのポイント

サマースクールとは?

サマースクールとは単独での留学が難しい小学生から高校生に向けて設計された、夏休みの短期留学プログラムです。内容は海外生活の体験や異文化交流、レジャー、友達づくりなど、英語の勉強だけにとどまりません。特に長期留学を検討中の方にとっては、海外で学ぶことに興味を持つお試し留学として魅力的です。
サマースクールを実りあるものにするには、適切な渡航先や学校、プログラム選びが重要です。特にウィズコロナで海外渡航や現地での生活に制限がかかる昨今は、注意すべきポイントが多くあります。
  • プログラムの内容と予算を考慮して選ぶ

    プログラムの内容と予算

    プログラム内容は英語をしっかり勉強するものから、英語やスポーツなどを並行して行うもの、観光などのアクティビティーをメインに行うものまでさまざまです。留学の目的や、留学生ご本人の英語力に合ったプログラムを選びましょう。

    費用は国や学校、プログラム、含まれるものによって異なります。授業料に加え、アクティビティを行う場合はその費用、ホームステイ付きのものでは手配料と滞在費も含まれます。同じようなプログラムがある場合は、予算面からも比較してみるのがおすすめです。

  • 渡航可能な国から選ぶ

    渡航可能な国から選ぶ

    現在渡航ができない国に関しては、夏の直前に渡航が再開されても留学準備が間に合いません。渡航可能な国を選び、現実的な留学プランをたてましょう。

    渡航先を選ぶ際は、入国時のコロナの対応も確認してください。こちらは留学の準備や期間に影響します。

    各国の最新のコロナ対策やワクチン接種状況などは、以下でもご確認ください。

  • ウィズコロナでも生活しやすい地域から選ぶ

    ウィズコロナでも生活しやすい地域から選ぶ

    現地で実施されているコロナ対策も、併せて確認しましょう。渡航の可・不可だけでなく、現実的に生活ができる場所を選ぶことも重要です。例えば外出制限が厳しい国では買い物がしづらく、日常生活に支障がでます。

    現地の状況に合わせ、必要な持ち物も確認しましょう。特に以下のものを用意すると安心です。

    • マスク
    • 手消毒液
    • オンライン授業に対応できるツール(ポケットWifiやノートパソコン、タブレットなど)
  • 余裕がある期間で留学できるプログラムを選ぶ

    期間

    コロナ禍の留学は、通常の留学よりも期間が長くなりがちです。

    隔離が必要な国については、渡航後すぐにサマースクールを開始することができません。また日本に帰国した際は、14日間の隔離が必要です(※)。

    留学期間はサマースクールの期間に加え、隔離の期間も考慮します。余裕があるスケジュールをたて、帰国後の新学期に間に合うようにしましょう。

    ※5/24現在の情報です

  • 急な変更に対応できる学校を選ぶ

    急な変更に対応できる学校

    コロナ禍の留学では、学校のキャンセル規定を綿密に確認しましょう。

    ウィズコロナの海外渡航では、急なキャンセルや予定変更が十分にあり得ます。しかしコロナが原因の場合、従来のキャンセル規定が適応されない可能性があります。例えば出発前のPCR検査で陽性になり、留学をキャンセルする場合の返金条件や対応は、学校やプログラムによって異なります。

3. 日本から行けるおすすめプログラム

4. 現地滞在中の方に

実施期間が長いサマースクールについて

プログラムの長さや入国後の隔離等の規定の関係上、日本から渡航しての参加が難しいサマースクールもあります。しかしすでに現地に滞在している方の場合は、これらでも参加が可能です。
また実施期間が長くても、オンライン開講のプログラムは渡航せずに参加できます。魅力的なプログラムがある場合は、オンラインという選択肢もご検討ください。

6. よくある質問

英語が話せなくても参加できますか?
プログラムの内容によります。

英語の勉強や、英語を通してスキルを学ぶものは、中級以上の英語力が求められることがあります。一方でスポーツやアクティビティが中心のプログラムは、英語力が低くても参加できる傾向があります。
サマースクールで行うアクティビティとは何ですか?
スポーツや遠足・観光などです。勉強以外を通して海外の様子を知れるほか、他の留学生と交流する機会としてプログラムに組み込まれています。

ただし昨今のコロナの影響で、アクティビティの内容が変更になったり中止になったりする可能性があります。アクティビティを重視する方は、その点も考慮してプログラムをお選びください。
滞在先はどのようになりますか?
プログラムによって異なります。

主な滞在先は自己手配のホームステイや、学校が手配するホームステイ、ホテル、学生寮などです。
今年の夏休み、留学に行ける国はどこですか?

渡航可能な国は、以下の通りです(※1)。

  • マルタ:隔離なし
  • ハワイ:隔離なし
  • アメリカ本土:隔離なし(※2)
  • イギリス:隔離あり
  • カナダ:隔離あり

留学期間を考慮する場合、隔離の必要がない国へ渡航するのがおすすめです。

また各国のコロナ対策の最新情報は、以下からもご確認いただけます。


※1:5/24現在の情報です
※2:州によって対応が異なる場合があります

どのような(どこまで)サポートをしてくれますか?

サマースクールの留学サポートでは、以下をご利用いただけます。

  • カウンセリング(渡航先や学校の紹介、留学プランの提案)
  • 学校申し込み
  • 留学準備手順や出発時・入国時の注意点、滞在先の案内

弊社ではコロナ禍の特別な状況を考慮しつつ、現実的な渡航先や留学プランをご紹介します。また学校の申し込み手続きなど、留学準備を安心してすすめられるサポートも充実しています。

コロナ禍でのサマースクールをご検討中の方や、留学準備に不安がある方は、ぜひお問い合わせください。

サマースクール以外の中学生、高校生の留学は今できますか?
アメリカやカナダ、イギリスでは、国に認定された学校での正規留学が可能です。

正規留学生であってもコロナ禍での対応(入国後の隔離など)は、サマースクールに参加する留学生と同じです。留学の際は、それらも考慮した留学プランを立てましょう。

ウィズコロナでの正規留学も、通常の留学の準備より複雑になります。不安がある方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
2021年の夏は、昨年よりもサマースクールが実現できる可能性が高いです。そのため今年こそ留学がしたい・今年しかないという方は、検討する価値が十分にあります。

しかし状況は日々変わります。コロナ禍での留学は、綿密な情報収集や計画、緊急時の柔軟な対応が重要です。留学準備に不安がある方は、留学エージェントのご利用をおすすめします。

弊社はコロナ禍での留学手配の実績が、多数ございます。そのノウハウを生かし、ウィズコロナの不安定な状況にも対応できるサポートで、留学実現をお手伝いいたします。サマースクールをご検討中の方は、ぜひお問い合わせください。

TEL: 0120-4192-09

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応