留学・海外留学なら留学ワールド

カナダ留学のコストをなるべく安く抑える方法とコツを紹介します!

「カナダへの留学を考えているけど、安く済ませる方法はないのかな…」と疑問をお持ちの方はいませんか。留学をする上で、どうしても気にかかるのは費用面です。しかし具体的にどれくらいの費用がかかるのかは分かりにくいですよね。
そこで今回は、カナダの基本情報、物価が比較的リーズナブルな都市、留学を安く抑えるコツ、留学費用の内訳について詳しく解説しています。有意義な留学生活を送るために、モデルケースも合わせてご紹介した内容です。ぜひ参考にしてください。

留学してみたいと思ったら・・まずは相談してみよう!

カナダ留学について

カナダについて

カナダ留学について
気候
カナダは世界で2番目に大きな国で、その広大な面積ゆえに地域により気候が異なります。
カナダ最大の都市トロントやモントリオールがある東部は、夏は暑く冬は極寒で、はっきりとした季節の変化を感じる地域です。一方で、バンクーバーのある西海岸側は冬でも比較的温暖な気候が特徴です。冬は雨が続き、雪が降ることは滅多にありません。夏も湿度が低くカラッとしており、非常に過ごしやすいです。またカルガリーのある内陸部では、1年のほとんどが冬です。夏は短く、夜になると肌寒さを感じる気候で、日本とは全く違います。

物価
物価に関しては、モノにより異なりますが、ほとんど日本と同じと考えて良いでしょう。
食品は日本よりも多少安い印象を受けることが多いです。例えば、日本では高価なオーガニック製品は種類が豊富で良質な割には手ごろな価格で手に入ります。
しかし近年、カナダの都市部では生活物価は上昇し続けています。日本に比べてとりわけ安いと感じるシーンは少ないです。またカナダの消費税は州ごとに設定されていますが、ほとんどの地域で日本よりも高い税率が設定されています。飲食店などではチップを払う文化があるので、こういったことから日本よりもお金がかかると感じる人も少なくありません。

治安・衛生面
カナダは欧米諸国の中で、特に治安が良い国です。女性の一人暮らしもよっぽど問題がないほどです。そのため衛生面も先進国らしく全く心配の必要はありません。
しかし、大都市に行くほど、注意したほうが良い特定の地域が存在しています。昼と夜とでは雰囲気がガラッと変わる場所もあります。いくら国レベルの治安が良いからと言っても、日本にいるときと同じ感覚で生活するのはおすすめしません。

カナダの学習環境について

カナダ留学について
自然と都市をどちらも楽しめる国
カナダは都会でも自然とうまく融合した街づくりをしています。したがって、都市部に暮らしていても1時間ほど移動するだけで、雄大な自然を感じることが可能です。北部ではオーロラが鑑賞でき、冬にはほとんど地域でスキーやスノーボードのようなウィンタースポーツが楽しめます。勉強とプライベートを両立できる環境が整っているバランスの良さが特徴です。

日本人留学生に人気
英語にも国によって「なまり」や独特の特徴があります。特にイギリスやオーストラリアでは、日本人の思い描く発音の英語ではないため、リスニングに苦労する学生が多いです。
しかしカナダ英語は非常にキレイな発音なので、すんなり学習できます。また語学学校の多くで、TOEICやIELTSなどに特化したコースを用意しています。そのため特定の試験でスコアアップを狙う社会人にも人気を集めています。

カナダの中でも安い都市は?

カナダ留学で、できるだけ費用を抑えたい人向けにおすすめの都市を2か所ご紹介します。
カルガリー
カナダの中でも安い都市は?
1つは「カルガリー」。カルガリーはカナダ中西部に位置するアルバータ州最大の都市です。都市部でありながら、ロッキー山脈などの雄大な自然を感じられます。
一方で、中心部には石油産業で栄えた高層ビル群が立ち並んでおり、バランスの良い都会というイメージがあります。
最も特徴的なのは、税率の低さです。州税の設定がなく、消費税が非常に安いです。長期滞在をすればするほど、物価の安さに関して恩恵が受けられます。
またワーキングホリデー制度の利用者にとってもおすすめの都市です。カナダの中でも最低賃金の額が高いからです。例えば飲食店やショップで就労できれば、チップと合わせて日本よりも稼ぐことが可能です。バンクーバーやトロントと比較して、まだまだ日本人の比率が低いので、本気で勉強したい人にもおすすめのエリアですよ

ビクトリア
カナダの中でも安い都市は?
ビクトリアは、バンクーバーからさらに西に位置する人口3万人前後の小さな街です。イギリス植民地だった頃の面影を色濃く残す街並みが特徴で、観光都市としての顔があります。
例えば、
  • 議事堂やアフタヌーンティーで有名なホテルなど、イギリス建築の建物
  • イギリス式の庭園や公園
などイギリス統治時代の影響がいたるところで見られます。
観光地として成立しているため物価が安いとは言い切れませんが、それでもバンクーバーと比較すると、家賃や学費がリーズナブルです。バンクーバーは留学先として世界トップクラスの人気を誇り、地価がどんどん高騰しているからです。またビクトリアにはそれほど多くの日本人留学生がいないため、本気で勉強したい人には絶好の環境です。バンクーバーとビクトリアで迷っている方は、コストの面でビクトリアを選ぶ人が多いです。

カナダ留学費用を安く抑えるコツ

費用を安くするためのコツをご紹介します。

ホームステイやルームシェアを選ぶ

カナダ留学費用を安く抑えるコツ
ホームステイは基本的には3食付きのファミリーがほとんどなので、食費を浮かせられます。また中には食事なしプランを提供している家庭もありますが、自炊をうまくやりくりすることで節約できます。ルームシェアも条件によって節約できます。大人数で部屋を借りれば安く済みますし、人数が増えると部屋も広いので、満足度も向上するでしょう。

海外旅行保険の費用を抑える

費用の中でも高いと感じてしまうのが、海外旅行保険です。外国で病気やケガになった際に、保険に入っていないと現地で高額の医療費を払わなければなりません。
確実に加入するようにしておきたいです。保険会社によっては、割引プランやキャンペーンを行っていることもよくあります。
複数の保険会社に見積もりを取るなど、比較してみてください。クレジットカードに付帯している保険を活用するのも1つの手です。最近は充実した内容が設定されているので、カードの適用条件や補償内容を確認してみてください。州によっては、長期滞在する外国人向けに自治体の健康保険を用意している場合もあるので、事前にチェックしましょう。

飛行機代や語学学校が安い時期に

最も簡単に節約できるポイントは飛行機のチケット代と学費です。カナダでは1月〜2月の真冬の時期になると留学生が減るため、学費を3割下げて生徒の集客を実施する学校もあるほどです。真冬は一般の観光客も減るため、チケット代が割安になります。特に渡航時期にこだわりがない人は、閑散期を狙いましょう。
またワーホリ制度を使って留学すれば、現地での就労資格があるので、収入を得ることが可能です。飲食店などで働くと、自分がチップをもらう立場になります。場合によっては、日本でアルバイトをする時よりも多く稼げるかもしれません。カナダは移民が多いため、都市部では日本人経営の飲食店や日本人を歓迎してくれるオーナーが非常に多いです。語学力向上にもつながりますし、積極的に挑戦してみるもの良いですね!

カナダ留学にかかる費用の内訳

カナダ留学にかかる費用の内訳
ここでは学費・生活費・その他の費用の3つに分けてご紹介します。


カナダ留学にかかる学費

1年間のおおよその留学費用は以下のとおりです。
語学学校 大学
授業料 90-120万円 100-290万円
入学金 1-2万円 授業料に含む
教材費 4-5万円 授業料に含む

カナダの4年制大学はほとんどが公立ですが、日本のように一律の学費ではありません。州ごとに費用は様々で、安い州と高い州では3倍ほど金額に差があるので注意が必要です。例えば、バンクーバーやトロントのある都会の州は高い傾向にあると言えます。

カナダ留学にかかる生活費

1か月あたりにかかる生活費は以下のとおりです。
滞在費
ホームステイ 7-10万円
ルームシェア 5-8万円
9-12万円
ホームステイは基本的に3食付きなので、食費を気にする必要がないでしょう。しかし年々値上がりの傾向が続いています。ルームシェアは同じ学生同士でマンションやアパートで、1つの部屋をシェアする方法です。一般的には最も安く済むと言われていますが、ライフスタイルによっては外食が多くなってしまうこともあります。また、そもそもシェアする相手をタイミング良く見つけられないことも多いようです。

光熱水費
カナダでは多くの場合、光熱水費は家賃や滞在費に含まれています。もしも、自分で支払う物件であれば月5,000円程度が平均です。

食費
ホームステイや学生寮に滞在する場合、食事に関しては基本的に滞在費に含まれているので、外食だけが自己負担です。飲食店ではチップ文化があるので、食事をした際には会計の10?15%をチップとして支払う必要があります。アパートやマンションなどでルームシェアをして自炊する人は、月2?3万円ほどと考えておきましょう

カナダ留学にかかるその他費用

費用 備考
渡航費 7-20万円 シーズンや路線により異なります2月は閑散期となりお得なチケットが多いです。
保険代 8-12万円 1年間の金額です。
ビザ 1-2万円 半年以上の滞在にはビザ申請が必要です。学生ビザとワーキングホリデービザの2種類あります。
お小遣い 2-4万円 1か月あたりの金額です。
交通費 1万円前後 1か月あたりの金額ですが、自転車や徒歩通学であれば節約できます。
意外と高額なのが海外保険です。もちろん加入は強制ではありません。しかし、万が一の際に備えて入っておくことをおすすめします。その他には、生活必需品である携帯電話にかかる費用があります。2週間から1か月程度の短期滞在であれば、公共Wi-Fiで十分かもしれません。長期滞在する人は、日本のでSIMロックを解除し、外国人用のプリペイドタイプのSIMカードを現地で契約するのがおすすめです。日本と同様に格安SIMを契約することで、節約できます。

期間別カナダ留学に必要な費用

費用について、期間別にもう少し詳しくご紹介します。

留学期間の紹介

期間別カナダ留学に必要な費用
  • 2週間・・・中高生や、海外生活を1度体験してみたい人にはおすすめ
  • 1〜3ヶ月・・・英語を使う生活に慣れ始める。TOEICなど特定の目的のためなら十分スコアアップが期待できる
  • 半年・・・リスニング力がアップするので、英語での生活が当たり前に感じる
  • 1年・・・英語力の向上を実感できる。スピーキング力も付いてくる
カナダでは最大半年間、観光ビザで滞在可能です。ビザの手続きが煩わしい人や、基礎的な英語力が備わってる人であれば半年でも十分に効果が期待できるのでおすすめです。
学生には夏休みなどの長期休暇を利用した1か月単位の留学がスタンダードです。一方で、社会人でワーキングホリデー制度を利用する人は1年以上滞在するのが一般的です。1年あれば、学校での勉強と現地での就労、複数都市への旅行などカナダ生活を満喫するのに十分の期間です。

カナダ留学にかかる費用の内訳

今回は、語学学校に通った場合の費用の内訳は以下のとおりです。
学費
2週間 1-3か月 半年 1年
学費 5-8万円 8-36万円 50-75万円 90-120万円

※別途入学金が1~2万円かかります。
※教材費はコースや期間により異なりますが、1か月あたりおよそ5,000円前後かかります。

生活費
2週間 1-3か月 半年 1年
ホームステイ 3-5万円 7-30万円 40-60万円 80-120万円
ルームシェア 2-4万円 5-24万円 30-40万円 60-100万円

食費はホームステイであれば基本的に朝昼晩と3食付きなので節約できます。ルームシェアした場合、自炊生活であれば別途かかります。

その他費用
2週間 1-3か月 半年 1年
その他費用 8-10万円 10-30万円 20-50万円 50-100万円

海外保険やお小遣いなどは、長期間の場合もちろん費用が上がります。

留学期間の決め方

特別な事情で短期しか滞在できない人を除き、少なくとも1か月以上の留学期間を設定するのがおすすめです。勉強も観光もバランスよく満喫できるからです。
またワーホリであれば、現地で働くチャンスがありますので、金銭的にはより余裕を持って長期滞在できます。TOEICやTOEFLのスコアアップなどの明確な目標がある場合は、2週間程度の留学でも十分効果は得られます。よって留学期間を決める際は、何をどこまで達成したいかなど、帰国後の自分をイメージした明確な目標を設定してから決めてください。

カナダ留学のモデルケース紹介

それではモデルケースとして、以下の条件で留学した場合にかかる費用をご紹介します。
モデル:語学学校に1年通い、半年ホームステイ半年ルームシェアした場合(現地での就労はなし)
費用 備考
学費 90-120万円 1年分
ホームステイ 40-60万円 半年分
ルームシェア 30-40万円 半年分
食費 10-15万円 半年間、自炊生活した場合
渡航費 7-20万円 有効期限1年間のオープンチケット
保険代 8-12万円 1年分
お小遣い 10-40万円 1年分
合計 約200-300万円

ライフスタイルにもよりますが1年間の場合、およそ250万円前後あれば問題ないと言えます。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応