留学・海外留学なら留学ワールド

Experiencesフィリピン留学/齋藤みのりさん

フィリピン留学/齋藤みのりさん
お名前齋藤 みのりさん
職業学生
滞在国・都市セブ
コース名ESL Course
学校名CPILS
期間2022年3月頃から2週間
なぜ留学しようと思いましたか?
近い将来、自分の専門分野での海外留学をしたいという考えがあり、その前にまずは基本的な日常英語を話せるようになりたい!と思い、語学留学を決めました。将来の計画から逆算すると、大学の長期休みで語学留学に当てられる時間はこの春休みしかなく、しかも2週間しか時間がなかったのですが、英語に対する意識が少しでも前向きになればと思いました。以前セブを旅行したことがあり、街や雰囲気が好きだったのでセブへの留学を探していたところ、ちょうどCPILSの開校が始まったのでラッキーでした!
留学前にしておけば良かったことは何ですか?
日常会話で使う簡単な英単語を復習したり、自分が日本語でよく使うフレーズの英語表現を覚えたりしておけばもっと会話がスムーズにできたと思います。
留学時にかかった費用はいくらくらいでしたか?
プログラム費用140,952円、海外保険16,440円、飛行機往復(シンガポール乗り継ぎ1回)83,073円、渡航前PCRと帰国前PCR合わせて約20,000円で合計約260,465円でした。現地での買い物や観光でのお金は別途使いました!
留学してよかったことは何ですか?
philippines-ms正直、2週間で英語が飛躍的に上達したかと言われればそうではないかもしれません。でもそれ以上に得られたものがたくさんあると感じています。日本にいると普段の生活で英語を話したり聞いたりすることが私の場合ほとんどなく、私は英語を話せないと勝手に思い込んでいました(だから語学留学しようと思えたので結果的に良かったのですが笑)。しかし実際に英語で話さないといけない環境に行って先生や街の人と会話する中で、意外と英語で伝わってる、話せてるという実感を得ることができ、英語を話すことに対する抵抗がなくなりました。これを実感出来たことが、留学してよかったと心から思える点です。また留学しなければ絶対に知り合えなかった周りの留学生と交流でき、自分の価値観や人生観を考えるきっかけにもなりました。
留学期間中つらかったことはありましたか?
特につらいことはありませんでした。行く前は不安もたくさんありましたが、いざ行ってみると日本とは違う現地の生活を楽しむことができました。最初慣れなかった点としては、トイレにトイレットペーパーが置いてないところが多いので、普段から持ち歩かなければならなかったことや、部屋の冷房の調節が難しくて暑くて目が覚めたりしたことです。コロナ対策で部屋は1人だったのでストレスもなく、先生方も常に気遣って下さって、困ったことはほとんどなかったです。
滞在先はいかがでしたか?
2人部屋を1人で使ったので部屋の広さは十分でした。シャワーの水圧やトイレ環境は日本と比べるとやっぱり途上国だなと感じることはありましたが、困るほどではありませんでした。食堂のご飯も色んなものを出して下さるので毎回楽しみでした。看護師さんが毎日いるのでもし体調を崩したりしても安心だと思います。空港の送迎や帰国前のPCR検査の手配など、至れり尽くせりでとてもありがたかったです。スタッフの方はみんな優しくてフレンドリーで授業以外でも英語を使う機会がたくさんあってとても楽しかったです。
留学された学校の良かった点や悪かった点は何ですか?
他の学校をあまり調べていないのでなんとも言えませんが、CPILSはおススメです!笑 自分のレベルで授業プランを組んでもらえるし、色んな先生が教えてくれるので聞く英語にも偏りが出なくて良かったです。生活面でのサポートも手厚く、安心して生活できました。学校の周りには大型ショッピングセンターや観光地も近くにあるので休日も楽しく過ごせました!
なぜ留学センターDEOWをご利用されましたか?
インターネットでたまたま見つけたのですが、留学前後の英会話クラスが無料で受けられたり手数料がかからないと書かれていたので、すぐオフィスに話を聞きに行ってみました。そこで対応して下さったスタッフの方の印象も良く、時間も限られていたのでDEOWさんにお願いすることに決めました。
帰国後、留学経験が役立ったと思うときはどのようなときですか?
つい先日、東京で外国人にExcuse me!と声をかけられました。以前なら絶対に聞こえないふりをしてしまっていたと思うのですが、咄嗟にYes!と答えていました。お店の場所を聞かれたので、お話しながらそこまで連れて行ってあげました。ネイティブの方と英語で話せてしかも役に立ててとても嬉しかったです。本当に日本人?英語上手いね!と言われて留学してよかったと思いました。何事もチャレンジすることは大切だということを改めて感じました。
これから留学される方へ一言お願いします。
philippines-msこれからたくさんの学校で留学生の受け入れが始まると思います。行きたい学校があれば常にチェックして開校したらすぐに飛べる準備をしておくといいと思います。短期間しか行けないからと諦めるのではなく、私のように2週間でも受け入れてくれる学校はあるので、DEOWさんに相談してみて下さい。言葉にするのは難しいですが、英語だけでなくたくさんの面で絶対に成長できます。1人で飛行機に乗って知らない地に行くのは、簡単ではないかもしれませんが、少しの勇気を持って申し込んじゃえば後はどうにかなります!笑 私が留学したときは学生は少なくて社会人の方がほとんどでした。働いてからもう一度自分の人生を見直すために来ていたり、これからやりたいことがあるんだと人生計画を話してくれたり、色んな境遇にいる人が語学留学をしに来ていました。チャレンジすることに年齢は関係無いと思います。少しでも留学を考えている方、偶然この文章を読んでくださってる方が留学して楽しい時間を知るきっかけにならばと思います。
コロナの影響で留学計画を途中で変更等しましたか?
本当は昨年の夏休みで行ければと思っていましたが、まだ行けそうになかったので春まで計画を伸ばしました。夏の時点では学校を決めたりはしていなかったので、特に大きく変更した点はありません。
留学中にロックダウンやオンライン授業は体験しましたか?
体験していません。
現地の街の様子はどうでしたか?
私は以前にCPILSの周りを観光したことがあったので何も感じなかったのすが、周りの留学生はセブの中心なのに思ったよりスラムっぽいかもと言っていました。たしかに学校から出て道を1本入ると皆さんが想像する途上国のような場所もありました。でも特に危険なことは起こりませんでした。大型ショッピングセンターが周りにたくさんあってとても楽しかったです。道は常に渋滞していてバイクがたくさん走っていました。車のタクシーに乗るととても時間かかるのでバイクタクシーがおススメです!笑

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応