留学・海外留学なら留学ワールド

フランス リヨン地域紹介

ソーヌ川から見たリヨン
フランス第二の都市は世界の美食の都!
フランス第二の都市で、フランス南東部、ローヌ川とソーヌ川の合流地点にあります。歴史的なランドマークが多く、中世の街並みが保護されているユネスコ世界遺産です。かつては絹の産業の主要地として栄え、シネマトグラフがリヨンで発明されたことから映画発祥と地としても知られています。ミシュランの星を持つものも多く含めて人口あたりのレストランの数がかなり多く、フランス、そして世界の美食の都としての地位を確かにしています。2015年にはロンドンから乗り換えなしで行けるユーロスターの運行も始まり、よりヨーロッパからのアクセスがよくなりました。
リヨンの広場
普段も見るのが楽しい街。冬は光で彩られます
見て回るスポットといえば独特の設計をした旧市街、フルヴィエール大聖堂や地域と深い縁のある織物や映画の博物館です。街の中心にあるベルクール広場にはリヨン出身である「星の王子様」の著者サンテグジュベリの像があり、ファンは一度訪れてみたいものです。グルメな人は現地のレストランを巡って美味しい物を頂く日々を過ごせます。毎年12月には4日に渡って開催される光の祭典があり、美しく幻想的なライトアップを見に各地から人が集まります。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応