留学・海外留学なら留学ワールド

マルタ ビザ種類について

日本国籍の場合、90日までの短期の滞在とその間の就学は空港のパスポート審査でパスポートに押されるビザスタンプ、いわゆる観光ビザで可能です。長期で留学に行く場合は渡航前に長期滞在を許可するビザを事前申請するか、短期滞在ビザで入国してから現地で延長をする二通りの手続き方法があります。

観光ビザ・ビザなし

90日(約3ヶ月)以内の留学の場合は、ビザ申請をせずに留学が可能です。また、マルタは加盟国間の移動を国境審査なしで許可するシェンゲン協定の加盟国であり、滞在有効期間は「シェンゲン圏に入った日」から90日となり、つまりマルタでの就学を始める前にヨーロッパを旅行する計画がある場合はその旅行期間の日数分マルタに滞在できる期間が短縮になる可能性もあるということです。留学中に国を移動するプランは滞在日数をよく確認するのが大事です。

長期滞在用ビザ

90日以上の長期でマルタに留学する場合は、まず観光ビザで入国してから現地で長期滞在の許可証を申請する必要があります。マルタまたはシェンゲン圏内に入国してから6週間後以降に手続きが可能です。
下記が申請に必要な書類一例です。
  • パスポート
  • 英文残高証明書(マルタで引き出し可能な口座)
  • 海外保険証
  • 証明写真
  • ビザレター(学校の入学許可証)
  • 帰国時にマルタを出る航空券
  • 申請料金66ユーロ

シェンゲン協定とは

加盟しているヨーロッパの国々の間において、出入国審査なしで国境を超えることを許可している協定です。シェンゲン協定国内での滞在可能日数はトータルで90日以内である必要がります。
フランス、イタリア、スペインなど主要国の多くが加盟していますが、イギリス、アイルランドなど加盟していない例外の国もありますので、ご注意ください。

シェンゲン協定加盟国(26カ国)
オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス
※2019年7月現在

マルタビザ注意点

ヨーロッパ内を旅行する時もビザ期間に注意!
上記の通り、マルタはその圏内の国境審査なしの移動を許可するシェンゲン協定の加盟国です。マルタ入国前に別のシェンゲン加盟国に入国、滞在をするとその分マルタに滞在できる期間は短くなりますが、これは行く国の順番を変えても同じルールが当てはまります。許可されている90日の間のヨーロッパ旅行は「ビザなし」で学校に通える期間にそのまま影響するので、学校の申込期間と旅行の日数の合計が90日をオーバーしないように計画を立てるのが大事です。

延長は移民省に行かなくてもできるかも!
マルタはビザ期間の延長が現地でできるのが大きな魅力ですが、さらに嬉しいのが市民権・移民省に行く必要なく申請手続きを踏めるシステムです。マルタの語学学校の認定機関FELTOMの認定校に通う場合はわざわざバレッタに出向かなくても申請を完成することもできるかもしれませんので、手間を抑えるためにチェックしてみる価値はあります。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応