留学・海外留学なら留学ワールド

ニュージーランド ハミルトン地域紹介

ハミルトンの魅力

ハミルトンの風景
マオリの人も暮らす第4の都市
オークランドから2時間ほどの距離、北島の中央部のワイカト地方にある、国内で4番目に大きな街でニュージーランド有数の酪農地帯です。街の中心を流れる川を大体の境目に活発な都市部と住宅地に分かれていて、しっかり勉強するにも現地の自然を満喫するにも整った環境です。ニュージーランドの数少ない大学のキャンパスがあるので留学生は比較的多く、元々は先住民のマオリの村がたくさんあった地域なので街の住人はマオリ系の人も多く暮らしています。
ハミルトンの風景
見て楽しいのはガーデンや湖!
定番の観光スポットと言えばワイカト川沿いにある庭園、ハミルトンガーデンです。ハーブや薔薇のガーデン、日本式やイギリス式の庭やマオリの建物など色んな風景が楽しめる大きな敷地で、無料で観覧できますし、有料でガイドツアーに参加することもできます。街の中心から30分ほど離れたところにはボート、他コンサートなどのイベントが楽しめる湖にたどり着きます(名前はハミルトン湖とロトルア湖と二通り)。さらに市街へ出ると、映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」のロケ地「ホビトン」があり、ファンにはたまらない観光名所となっています。

ハミルトンの観光名所

waitomo
aitomo Cave(ワイトモケーブ)
ハミルトン市内から車で約1時間のところにあるワイトモケーブは年間25万人以上の人が訪れる観光スポットです。見所は洞窟内で見ることができる土ボタル(glowworm)の神秘的な光です。鍾乳洞を抜け、その先にあるボート乗り場についた時から話すことや灯りは一切禁止されます。音も灯りも一切ない真っ暗闇の先に突如現れる青い光は満天の星空の様でその美しさは想像を絶します。デリケートな生き物のため個人で立ち入ることはできず、ツアーのみとなっています。また、ガイド付きツアーであれば鍾乳洞の詳細やニュージーランドの環境保護の取り組みなども説明してくれるのでオススメです。
hobbit
Hobbiton(ホビット村)
世界的大ヒットを記録した「ロード・オブ・ザ・リング」。そして関連作品である「ホビット」シリーズそれらに登場するホビットたちの故郷「ホビット庄(シャイア)」の舞台となったのがMatamata(マタマタ)郊外にあるこの牧場です。小さな家はもちろん家具まで再現されており、その他にも細かな遊び心が散りばめられているので飽きることはないでしょう。映画を知らなくても十分楽しめますが映画を観てからであれば感動も興奮も倍増すること間違いなしです。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応