留学・海外留学なら留学ワールド

NEWS【NEWS】お知らせ一覧

2017年より、スペインワーキングホリデー制度の運用開始

正式に日本とスペインのワーキングホリデー協定に署名がされ、2017年より運用が開始する運びとなりました。

スペインワーキングホリデー申請の条件
※駐日スペイン大使館公式サイトからの抜粋
————
? 日本国籍を所有し、かつ日本に在住していること。
? ワーキング・ホリデー査証申請時の年齢が十八歳以上、三十歳以下であること。
? 被扶養者を同伴しないこと。
? 有効な旅券を所持すること。
? 帰国のための切符、又はそのような切符を購入するための十分な資金を所持すること。
? 受入国スペインにおける滞在の当初三箇月間に生計を維持するための月毎最低?532.51、合計?1,597.53に相当する資金を所持すること。
? 以前にワーキング・ホリデー査証の発給を当該締約国政府から受けていないこと。
? 健康であることが医療診断書により確認されること。
? 犯罪経歴を有しないことを申告すること。
滞在終了時に受入国スペインを出国し、かつ、滞在する間に在留資格を変更しないこと。
————

2カ国の協定のもと、青少年がお互いの国を行き来し、現地で仕事をしながら長期休暇を楽しむことを許可する制度がワーキングホリデーです。互いの国の文化や生活などを理解し、両国の友好親善関係をより強くするというコンセプトで、高額な留学費用を用意したり行き先の国の所属教育機関等を渡航前に確定させる必要もなく海外での生活を体験できるのが参加者によっての大きなメリットです。
日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国はスペインが18ヵ国目となります。

スペインの観光やスタディビザでの就労は禁止されていますが、ワーキングホリデーの導入により、日本人学生もアルバイトに励みながらスペインでの長期滞在ができるようになりました!
申請方法、必要書類等の詳細は駐日スペイン大使館のウェブサイトをご確認ください。

スペイン留学のご相談はどうぞ留学ワールドに、お気軽にお問い合わせください。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応