留学・海外留学なら留学ワールド

大学生が留学するメリット

留学に行くメリット

  • 外国語がより上手く使えるようになる

    色々な言語

    当たり前すぎて見越してしまうポイントかもしれませんが、これはやはり留学の大事な一要素です。ほとんど日本語を話す人しかいない環境にいても、外国語の練習は中々難しいもの。しかし、「日本語が通じるから大丈夫」という甘えが効かない海外にいると、緊張感のある練習と、それを通してより使える、生きた本物の言葉の習得ができます。
    現代社会では、2ヵ国語以上が使えることが少しずつ「一般的」になってきています。その中で遅れを取らないようにするためにも、しっかりと勉強に臨むべきと言えます。

  • 日本ではできない「学び」ができる

    たとえば、日本の大学にはその学部や学位課程がない、あっても内容が今一つ良くない、という専門分野について勉強したい時はどうすれば良いのでしょうか。

    諦める前に「外国」をひとつの選択肢にしてみる、という手があります。日本では本格的な勉強ができなくても、他の国ならその分野も活発かもしれないです。本気でその分野で活躍したいなら、いっそ日本を出てみてはどうでしょうか。触れたかった「学び」がそこに見つかるかもしれません。

  • 視野が広がり、教養や異文化体験を得られる

    交換留学や卒業目的のいわゆる「正規留学」ではなくても、外国で勉強と生活をすることは、人間としての総合的な成長に繋がります。日本の当たり前が不思議がられる環境では、今まで知らなかった新しいものの見方を発見することができ、広い視野、柔軟な思考や寛容さ、適応能力などを養えます。
    異文化を肌で感じることができるのも海外に行ってこそです。そして、ちょっとした旅行では体験できない現地の「日常」の中にある異文化体験は、「留学」によって可能となるのです。

大学生のうちに留学に行くメリット

  • 専攻科目の最先端に触れられる

    サイエンスの授業

    大学で専攻中の科目の研究は、日本より海外の方が活発かもしれません。ですがそれは、海外に勉強しに行けば「本場」でその勉強をする機会に恵まれるという意味でもあります。
    せっかくなら今勉強しているものの最先端を知りたい!と思った時こそ、留学を検討してみてはいかがでしょうか。その興味はきっと、勉強に今専念している大学生ならではのものです。

  • 大学院進学や卒業後のキャリアに向けたコネ作りができる

    大学院レベル以上の学問は国を越えたネットワークの上で動いています。より本格的に勉強や研究をしたいなら、他国の大学に在籍している教授との連絡や情報共有、外国の学会での発表、プロジェクトに携われないかの交渉などをする必要が出てきますが、それにあたってコネクションはあるに越したことはありません。留学中に色んな教授と直接会って自分のことを知ってもらったり、どの大学や誰の下で勉強をすると良いのかの情報を得たりすると、いざ本格的な研究をしたいと思った時に、選択肢はそれなりに広がっているはずです。


  • 就活前に、人材としての自分磨きができる

    大学を出ると、次は就職活動が待っていますが、在学中の留学は就活生、つまり有力な人材としての力をつける絶好の機会です。外国人とコミュニケーションが取れ、一緒に勉強ができる語学力、慣れない環境でもめげずに挑戦できる精神的な強さなどは、一度日本を離れないと培うことは難しいですが、身に着けたら強力な就活の武器になります。
    今は日本もグローバル化と無縁ではいられず、企業も留学経験者の採用に少しずつ積極的になってきています。留学経験者だからこその自分磨きに臨んでみてはいかがでしょう。

  • 社会人になってからでは、長期留学はリスクも大きくなる!

    留学に必要な長期間の「休み」が取れるのは社会人には中々ない贅沢です。数ヶ月離れるだけでも「退職」の扱いになり、再就職するにも中途採用限定...海外に行っていた期間をただのキャリアのブランクとしか見てもらえないかもしれないというリスクは、会社勤めをしている者ならではの留学の悩み。大学生のうちであれば、キャリアの第一歩を踏み出す前、こういったリスクを背負わずに留学に行けるのです。

短期留学プラン例

  • 短期語学学習
  • 短期の資格取得プログラム、芸術系の短期プログラム受講など
  • 語学学習+アクティビティ(ボランティア活動、企業見学など)

長期留学プラン例

  • 長期語学学習
  • 語学学習+能力試験(ケンブリッジ英検、IELTS、TOEFLなど)
  • 語学学習+大学で学部聴講
  • 語学学習+専門資格取得
  • インターンシッププログラム

必要な費用について

大学生の行く留学なら、夏休み・春休みを利用しての「短期語学留学」や、大学を休学して「1年間の長期語学留学」「1年現地の大学に通う」「語学学習+学部聴講」「語学+専門資格」などの内容が一般的ですが、授業料などの費用もプログラムによって変わってきます。
また、国同士で費用の目安も異なりますので、今回は参考までに、1ヶ月と1年間語学留学をした場合の総額費用を紹介致します。

費用(1ヶ月間) 費用(1年間)
アメリカ 約60万円 約450万円
イギリス 約55万円 約460万円
カナダ 約50万円 約330万円
オーストラリア 約45万円 約330万円
ニュージーランド 約45万円 約300万円


大学生留学についてよくある質問

大学の休みを利用して留学に行くことはできますか?
はい、できます。数週間から2-3ヶ月くらいの短期の留学プランなら、春休みや夏休みの間でも実行可能です。ただ、短期間だとできることはそれなりに限られてくるのも事実です。短期の留学だと、語学学習、美術や音楽などのスキルアップ系プログラムが主な内容で、たとえば大学の授業聴講、専門資格を取るなどの留学内容は難しいかもしれません。
留学に行くと就活に不利になったりしませんか?
「留学」を有利に生かすも不利にしてしまうも、本人次第です。休学留学に行くと本格的な就活シーズンに日本にいないことになるから不利、というのはよく聞くことですが、一方で確実に本格的な就活ができるようあえて留年した上で挑み、無事内定を確保する学生もいます。
極論を言うと、留学に行かずきっちり4年で卒業した学生であっても能力がなければ採用はされませんし、休学留学と留年をした学生であっても、その経験をしっかり生かして、有力な人材へと成長していれば企業も採用を決めます。「就活に不利になる留学」にしないようにするには、計画を立てる段階から、留学の最終目的は何なのか、どういう風に得たものをアピールすべきなのか、などをしっかり考えて、出発前から帰国後まで、成長を意識して活動することです。
留学ワールド申込者限定キャリアサポート
当社では、留学プログラムをお申し込み頂いた方に特典として「キャリアサポートサービス」を提供しています。
「留学」と「キャリア」二つの分野を専門に活動するキャリアコンサルタントによる「渡航前セミナー」に始まり、帰国後も履歴書等の添削やメール相談サポートの提供もございます。プログラムをお申し込み頂いた方はどなたでもご利用いただけます。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応