留学・海外留学なら留学ワールド

フィリピン親子留学

フィリピン親子留学

親子留学

2カ国留学
フィリピンで人間性と英語力を養う

日本から一番近い公用語が英語の国、フィリピン。時差1時間のため幼いお子様でも時差ぼけなどの環境の変化がなく安心して渡航していただけます。
自然豊かなリゾート地フィリピンでお子様の人間性を養いながら、グローバル化が進む社会で活躍するための英語力を高め、お子様が持つ無限の可能性を高めてみませんか?

フィリピンの親子留学がオススメな理由

  • マンツーマンの授業が多い

    フィリピン留学は、マンツーマンの授業中心のカリキュラムになっております。特にお子様の場合は、学習の習熟度など様々なレベルの方に対応できるように工夫が施されており、集中力が続くか心配なお子様でもひとりひとりのペースに合った授業が展開されます。

  • 価格が安い

    フィリピン留学は、欧米留学に比べて価格が安いという点も魅力の一つです。価格が安いだけでなく、学校ごとに厳しい入社時の英語力のテストや定期的な講師の研修を行っておりますので、授業の質にも問題はありません。

  • 近くて時差が少ない

    フィリピンは直行便の就航数も年々増えており、セブやマニラへは直行便で4-5時間と欧米の半分以下の時間で到着します。時差も1時間しかないので時差ぼけの心配もありません。

  • 英語を勉強しつつ、のびのびと生活が出来る

    フィリピンには、ビーチリゾートとして有名なセブ島をはじめ、多くの美しい海があります。自然あふれる環境の中でのびのびと英語を学習していただける環境が整っています。



親子留学チェックポイント

  • TOEIC

    授業内容

    低年齢のお子様の受入れを行っている学校の多くは低年齢向けのコースを開講していることが多いですが、場合によってはマンツーマン授業のみで低年齢に特化したカリキュラムではないこともあります。低年齢の方も受講される場合は、ジュニアに特化しているのかが重要となります。
  • TOEFL

    ベビーシッターサービスの有無

    学校によっては保護者の方が授業を受講している間、ベビーシッターがお子様のお世話をするサービスを提供していることがあります。授業の受講が難しい年齢のお子様も同伴でご留学される場合は、ベビーシッターサービスについても確認することをおすすめします。
  • IELTS

    受入れの最低年齢

    学校によっては受入れ年齢を制限している場合があります。授業の受講が難しい0歳から2歳児のお子様とのご留学をご検討されている場合は乳幼児の受入れ実績の高い学校をご紹介させて頂きますのでご相談ください。
  • IELTS

    保護者の授業コマ数

    親子留学で、お子様の授業内容の次にポイントとなるのが保護者の方の授業のコマ数です。学校によっては親子セットでのプログラムではなく、保護者の方は一般の学生と同じコースから選択していただく場合があります。お子様の授業数より多いコマ数のコースを受講した場合、保護者の授業が全て終わるまでベビーシッターサービスの利用をおすすめ致します。
  • 留学のご相談はこちら

    10:00~20:00 10:00~19:00
    メール受付は24時間対応