留学・海外留学なら留学ワールド

フィリピン ビザ種類について

日本の国籍を持つ方がフィリピンに渡航する場合、いくつかの条件を満たしていると無査証(ビザなし)で入国することが許可されています。15歳未満の単独渡航の場合などは事前にビザを申請していただく必要があります。

観光ビザ・ビザなし

フィリピンへ留学で渡航する場合は、観光ビザでの入国となります。日本の国籍を有するかたは下記条件を満たしていると30日以内の滞在の場合はビザ申請手続きを行わうことなく滞在していただけます。

ビザなしでの滞在の条件
  • 30日以内の滞在
  • 目的が会議への出席、企業間のミーティング、ワークショップやセミナー、療養、観光
  • パスポートの有効期限が入国時6カ月+滞在日数以上ある
  • パスポート未使用査証欄が見開き2ページ以上ある
  • 入国時にフィリピン出国から出国するの航空券を所持している

留学で必要な査証

フィリピン留学では期間に応じていくつかの許可証や登録証を申請していただく必要があります。料金は滞在する都市が学校によって変わりますのでご注意下さい。

SSP(特別就学許可証)

  • SSP(Special Study Permit)
  • フィリピンで合法的に勉強するために必要な許可証
  • 有効期間は6ヶ月間(6ヶ月以上の場合は再申請)
  • 通常語学学校が代行申請
  • 1校につき1回申請

ACR-I-CARD(外国人登録証)

  • ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration)
  • 60日以上の滞在で申請が必要
  • ICチップに個人情報が埋め込まれているため身分証として利用可能
  • 帰国時に空港でカードを返還する
  • 渡航目的によってカードの色が分けられている

ECC(出国許可証)

  • ECC(Emigration Clearance Certificate)
  • 犯罪歴がないことを証明するもの
  • 6ヶ月以上滞在した場合、ECCがないと出国ができない
  • 留学の場合、出国の3日前までに取得しなければならない

フィリピンビザ注意点

SSPは1校につき1回申請
留学期間が長い方や明確な目的があり、伸ばしたい英語スキルが複数ある方など途中で転校する方もいます。そこで注意していただく必要があることがSSP。SSPは1回の申請で6ヶ月間有効となりますが、期間内であっても転校した場合は転校した学校でも新たにSSPを申請する必要があります。1回の申請が平均6500ペソ(約1万5000円)と安くはないので期間をよく考えてプランニングすることが大切です。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応