留学・海外留学なら留学ワールド

台湾ワーキングホリデー

魅力がたくさんな台湾でワーキングホリデー

荷物の準備
日本と同じアジアの国の台湾は、親日家が多く日本人にとっても暮らしやすい国です。物価のやすさ、おいしい食事や、国全体にある観光スポットやおおらかな国民性など、台湾でワーキングホリデーをするのにはたくさんのメリットがいっぱいあります。

ビザ申請資格

年齢 申請完了時に18歳以上31歳未満であること
ビザ期間 最大1年間(ビザ申請時にビザ開始日を指定する必要あり)
発行数 日本国籍の方は1年に2000名まで。
就学の制限 なし
就労の制限 なし。フルタイム・パートタイムの就労が可能
ビザ申請条件
  • 年齢が18歳以上30歳以下であること
  • 申請時に日本在住の日本国籍であること
  • 過去に台湾のワーホリビザを発給されていないこと
  • 扶養家族を同伴しないこと
申請に必要な書類
  • パスポート(残存有効期限15ヶ月以上)
  • ワーキングホリデー査証申請書(必ず本人の署名が必要)
  • 履歴書及び台湾滞在中の計画書(所定フォームあり)
  • 証明写真2枚(4cm×5cm、6ヶ月以内に撮られたもの)
  • 帰国航空券、または、航空券を購入可能な資金の証明ができるもの
  • 海外旅行保険の加入証明書(原本とコピー)
  • 20万円以上以上の財力証明書(残高証明書やトラベラーズチェックなど)
  • 申請手数料:無料 ※変動の可能性あり

現地生活

滞在方法

学校の寮、アパート、ゲストハウスなど様々ありますが、アパートが日本より安く借りられるため、長期滞在者には人気があります。アパートは大学内の掲示板やインターネット上で探すことが出来ます。

アルバイト

日本食レストランや日系の会社など職種によっては上級の中国語力がない職場も少なくありません。せっかく台湾で仕事をするのであれば中国語環境で働きたい!という方は、中国語力が高いほうが仕事の幅は広がりますので、しっかりと準備されることをおすすめします。

留学ワールドの現地オフィスでは滞在先やお仕事の探し方のアドバイスもしています。

勉強・遊び

台北の風景
はじめは語学学校で中国語を学び、その後仕事をしたり、観光をしながら滞在する方が多いです。台湾は国全体にみどころがたくさんあり、週末を使って、台北から台南や離島に小旅行をするということも気軽に出来ます。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応