留学・海外留学なら留学ワールド

アメリカ 銀行口座開設について

アメリカでの生活が長期になるほど現地の銀行口座があると便利な場面が出てきます。銀行によって必要な書類や費用などが異なります。また、アメリカでは州やエリアによってメインとなる銀行が異なりますので、留学期間内で他の州への転校や引っ越しを検討している方は事前にメインとなる銀行を確認しておくと再度口座開設の手続きをする必要がないので便利です。学生ビザでの滞在の場合に必要な書類などをご紹介いたします。

チェイス バンク

チェイス バンク ロゴ
必要書類
  • パスポート
  • I-20
  • 初回入金費用:$25

17-24歳までの学生でしたら、5年間維持費がゼロの口座を作ることが出来ます。25歳以上の方でも、常に口座に$1500以上入れておくと月々の維持費を無料にする事ができます。そして、とにかく ATMの数が多いです。銀行以外にも薬局“duane reade”に手数料無料のATMがあるので、ほとんど24時間いつでも利用でき、とても便利です。

シティ バンク

シティ バンク ロゴ
必要書類
  • 以下のいずれかの身分証明書2点
    • パスポート
    • 運転免許証(日本のものでも可)
    • クレジットカード(日本のものでも可)
  • I-20
  • 現住所を証明できるもの1点
    (在学証明書などの学校からのレター、携帯や光熱費の請求書など)
  • 初回入金費用:$0

アメリカの大学生、短大生ですと維持費がゼロの口座が作れます。語学学校などの方でも、口座に$1500を入れておくことで、維持費が無料になる口座を作ることができます。コンビニ“セブンイレブン”にATMがあります。日本人スタッフがいる店舗もあるので、困ったときも便利です。また、大きい金額を出金した際、$50札で出てくる為、かさばらず良いという点もあります。

バンク オブ アメリカ

バンク オブ アメリカ ロゴ
必要書類
  • パスポート
  • I-20
  • 学校からのレター(在学証明書)
  • 初回入金費用:$0

23歳までの学生ですと、維持費ゼロの学生口座が作れます。またeBankingという、インターネット上もしくは ATMのみ利用できる口座があり、こちらも維持費がかかりません。最低いくら入れておかないといけないという決まりもありません。普通に生活する分には、こちらの口座でも充分かと思います。バンクオブアメリカはアメリカ全土での店舗数が多いので、旅行で他州に行かれる機会が多い方に便利です。カードのデザインも豊富です。

口座開設注意点

口座が開設された後、署名カードにサインが要求されるので自分のサインを決めておく必要があります。また、ATMカードに暗証番号【PIN(Personal Identification Number)】を決め自分自身でインプットするので、この番号も事前に決めておきましょう。
弊社では、ニューヨークまたはロサンゼルスにご留学のお客様に、現地サポートとして銀行口座開設同行サービスを提供しております。また、弊社を通して12週間以上学校をお申込みのお客様は、現地サポートを無料でご利用いただけます。
詳しくは、お気軽にお問い合わせください!

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応