留学・海外留学なら留学ワールド

アメリカ 親子留学

アメリカの言葉と楽しみを親子で知る

大人だったら年中行ける語学学校も、学校が休みになる夏の間なら小・中学生も通えるので、家族一緒で英語の勉強に励む時間ができます。
親子留学プログラムが単独で行くサマースクールと違うポイントに、通学の際や放課後のアクティビティ中もお子様を見守れるというのがあります。子供一人で行かせるのは少し心配という大都市の行き先も、自分も一緒なら安心と思う保護者の方もぜひ検討してみてください。

アメリカの親子留学プログラム例

語学学校に通学
滞在は親子揃って、しかし通学は授業から課外アクティビティまで全部保護者とお子様分かれてするというは親子留学の一般的な内容です。保護者の方は朝子供を学校に送り、その後自分は別校舎で通常の語学コースの授業を受けてから放課後子供を迎えに行く日課となります。保護者とお子様は授業だけ分かれて受けて、放課後のアクティビティや遠足は一緒に参加、という内容のものもあります。

親子留学チェックポイント

  • 滞在方法

    アパート 親子留学の滞在方法として一般的なのは親子でのホームステイや、短期で借りれるマンション・アパートの滞在です。短期の留学で費用面にこだわりのない場合はホテルを自分で手配するという手もあります。

  • プログラムの開講時期

    カレンダー ジュニア向けプログラムのニーズは、学校の長期休みの時期などによって一年の間に変動します。保護者の方が参加できる成人向けのコースは年中あっても、お子様が参加できるコースは夏休みの時期に開講されるのが一般的です。

  • 受入れの年齢

    子供たち お子様の年齢があまりに低いと、学校での受け入れがそもそも不可能になることもあり、また場合によっては規定などにより年齢の上限が設けられることもあります。留学計画自体を変更する可能性も出てくるかもしれないですが、その際もカウンセラーが実行可能なプランの提案などサポート致しますので、お気軽にお申し付けください。


おすすめの学校


留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応