留学・海外留学なら留学ワールド

カナダ留学を考えてる高校生必見!おすすめの高校を紹介します!

「高校生がカナダへ留学するのはどうなのかな…」と考えている方はいませんか。最近は高校生のうちから英語圏へ短期留学するのが当たり前になっています。中でもカナダは渡航先としてトップクラスの人気を集めている国です。しかし、なかなか高校生にとってのカナダの魅力はわかりにくいですよね。そこで今回は、カナダ留学の魅力や短期留学で得られる英語力についておすすめ私立・公立高校留学前にしておくべきことなど詳しくご紹介します。ぜひご一読ください。

留学してみたいと思ったら・・まずは相談してみよう!

カナダ留学の魅力とは

まずは留学先としてのカナダの魅力を紹介します。

カナダについて

カナダ留学_魅力とは
気候
カナダは世界で2番目に大きな国です。その広大な面積ゆえに東西で気候が違い、さまざまな景色が見られます。カナダ最大の都市であるトロントやモントリオールがある東側は、冬になると川が凍ってしまうほどの極寒で知られており、積雪量も多いです。
一方で、バンクーバーに代表される西側は冬でも比較的温暖な気候で、雪が降ることも滅多にありません。夏もカラッとしており、過ごしやすく観光客にも大変な人気があります。

物価
物価に関しては、モノにより異なりますが、ほとんど日本と同じと考えて良いでしょう。その中でも食品や交通費に関しては日本より安く便利です。バンクーバーやトロントのような都市部では、家賃の高騰が際立っており、東京に住むのと変わらないレベルです。

治安・衛生面
カナダは欧米諸国の中で、特に治安が良い国です。ゆえに高校生の留学先としても安心して選べる国の1つです。衛生面も特に気にする必要がありません。特にトロントやバンクーバーは、世界で最も住みやすい都市ランキングに何度もランクインしています。教育面やインフラ面からも、素晴らしい街づくりを実現しているのがカナダです。
しかしあくまでも外国なので、日本と全く同じ感覚で生活するのはおすすめしません。治安が悪い通りやエリアが少なからず存在しています。そのため現地で最新情報を収集するのが必要です。

カナダの学習環境について

カナダ留学_魅力とは
自然と都市をどちらも楽しめる国
カナダは広大な土地に、美しい自然が充実しています。都市部に住んでいても、週末に気軽にアクテビティが楽しめます。街中にも整備された大規模な公園があり、ハイキングやピクニックができます。美術館や博物館なども充実しており、異文化の学習も可能です。

日本人留学生に人気
カナダ英語が聞き取りやすいというのが、日本人留学生に特に評判です。イギリスやオーストラリアも留学先として人気がありますが、英語のイントネーションが独特で、リスニングにつまづく学生が多いです。
その点、カナダ英語はなまりがなく、非常にきれいな英語に触れられます。海外の大学進学を見据えたコースもあり、英語を本気で学びたい高校生に非常に人気です。以上のように学習環境が整備されているのがカナダの特徴ですね。

短期留学でどれほど英語が身に付くのか

短期留学_英語 2019-09-25 17.48.49
海外留学をする高校生のほとんどが、学校の夏休みや卒業後の春休みを利用して行きます。そのため留学期間としては1週間~1か月程度の短期留学です。
大学生や大人が留学する場合、半年~1年単位で行く人が多いですが、短期留学でどれほどの英語力を身につけることが可能なのか気になりますよね。

1週間の場合
1週間は、海外で生活をする事が目的であれば、おすすめの期間です。したがって高校生が1週間という超短期間で留学する時は、明確な目標を定めることが重要です。例えば、外国人の友だちをつくるというような目標でも構いません。海外生活を体験するという点ではおすすめです。

2週間の場合
2週間あれば、英語の授業に慣れてくる頃です。さらにある程度の基礎がしっかりしていれば、意味のある留学生活になります。また、費用的にも1週間と2週間では大差ありません。金額的にも2週間滞在できるとコスパが良いと言えます。

3週間の場合
3週間は、日本で英会話教室に2年弱通うのと同じくらいの勉強時間を確保できます。初心者でも、日常会話レベルを目指すことが可能な期間です。勉強以外にも、カナダのライフスタイルに十分に慣れることができます。異文化体験や週末のアクティビティにも複数挑戦できるチャンスがあるので、有意義な留学生活を送ることができますよ。

1ヶ月の場合
高校生の留学の中で、最も人気のある期間が1か月コースです。夏休みをフルに使えば、無理なく行ける期間だからです。初心者でも英語の上達を実感できるようになります。
特にリスニングに関して、レベルアップを感じることになるでしょう。日常会話がすんなりできるようになり、勉強が楽しくなってきますよ。

高校正規留学なら単位を取得しながら留学ができる

続いて、高校生のうちに留学するメリットを3つご紹介します。受験や就職の際に参考になれば幸いです。

学生のうちにグローバルに慣れることができる

高校生_正規留学 2019-09-25 17.48.49
今はグローバル化が進み、仕事でも英語力が必要な場面が増えています。大学生や社会人になる前に英語を身につけておくと、有利です。
また海外から日本を見ることで、新しい発見があり将来への可能性が広がることでしょう。普段とは違う環境で生活するので、自立心も芽生えますし、積極性を養うこともできます。高校生にとっての海外生活はそれほどのインパクトがあります。

春休みや夏休み、冬休みを利用できる

時間的なメリットもあります。大学生や社会人になると、バイトやサークル活動、仕事でなかなか休みを取ることは難しいですよね。
高校生のうちなら、まとまった時間を取ることが比較的可能なので、留学のハードルがぐっと下がります。世界の学生も、夏休みになると留学するのが当たり前になってきています。色んな国の人と友達になるチャンスがあります。

高校生は吸収が早いため英語が堪能になる

語学学習は若いうちのほうが圧倒的に習得しやすいです。年齢を重ねるにつれ脳も衰えていくので、出来るだけ柔軟で吸収が早いうちに英語脳を鍛えるのがおすすめです。したがって高校生に限らず、現在では中学生で留学するケースも珍しくありません。
また日本の学校では、なかなか英語を「話す」機会はありません。しかし今後は大学入試の形態も変更され、スピーキングやライティングが加味される予定です。留学によって、英語を話す頻度が増え、より使える英語を学ぶことができます。

カナダ留学でおすすめの私立高校

<カナダ留学_私立高校 2019-09-25 17.48.49
具体的におすすめの学校をご紹介します。


Bodwell high school ボドウェル高校

基本情報
場所 ブリティッシュ・コロンビア州 ノースバンクーバー
形態 私立 共学
アクセス バンクーバー市内から公共交通機関で10分
生徒数 約540名
滞在方法 ホームステイもしくは寮
ボドウェル高校は、カナダ西部ブリティッシュコロンビア州にある私立高校です。

おすすめポイントは以下のとおりです。
  • バンクーバー中心部から近いため通いやすい
  • 世界40か国から生徒を受け入れており国際色が豊か
  • 最先端の教育環境
  • 日本と同様の1年3学期制度
  • 日本人カウンセラーが常駐している

さらに保護者向けに、生徒の学校生活や成績などをオンラインで確認できるシステムが整っています。学校があるノースバンクーバーは、バンクーバー中心部からシーバスという船を使用して通います。中心部から近いので、田舎暮らしが苦手な都会出身の高校生にもおすすめです。


Fulford Academy フルフォード アカデミー

基本情報
場所 ブリティッシュ・コロンビア州 ノースバンクーバー
形態 私立 共学
アクセス バンクーバー市内から公共交通機関で10分
生徒数 約540名
滞在方法 ホームステイもしくは寮
フルフォードアカデミーは、カナダ東部に位置するオンタリオ州にある共学の私立高校です。特徴として、生徒数が100名の小規模学校という点があります。生徒数が少ないので、質の高いサポートが受けられます。

その他のおすすめポイントは以下のとおりです。
  • STEMという科学技術開発向上の観点から生まれた教育プログラム
  • 自国の高卒証明も取得できる
  • 学校周辺は住宅街で落ち着いた雰囲気で勉強できる
  • 車で5分ほどの距離にスーパーやモールがあり便利
留学生は基本的に学校の寮で生活します。Wi-Fi完備、ランドリーサービス、スポーツジムなど施設も整っており、24時間体制の警備でセキュリティ面も安心ですよ。

カナダ留学でおすすめの公立高校

カナダ留学_おすすめ_公立高校 2019-09-25 17.48.49
私立高校に続いて、おすすめの公立高校をご紹介します。


Burnaby School District バーナビー教育委員会

基本情報
場所 ブリティッシュ・コロンビア州 バーナビー
形態 公立 共学
アクセス バンクーバー市内から車で20分ほど
滞在方法 ホームステイ
バーナビーはバンクーバーと隣接した緑が多い地域です。車であれば20分、スカイトレインを使えば30分で行き来できるので非常に便利です。市内にあるメトロタウン駅には州最大のショッピングモールがあり、週末には買い物客でにぎわっています。

バーナビー地域の公立校のおすすめポイントは以下のとおりです。
  • 現地のカナダ人学生と同じ授業が受けられる
  • 卒業すると、カナダやアメリカの大学への進学資格が取得できる
  • スポーツに力を入れている学校が多い
  • 放課後のクラブなど、課外活動が活発


Delta School District デルタ教育委員会

基本情報
場所 ブリティッシュ・コロンビア州 デルタ
形態 公立 共学
アクセス バンクーバー市内から車で30分ほど
滞在方法 ホームステイ
バンクーバー空港から南に位置するデルタ市は、アメリカ国境付近にある人口10万人ほどの街です。デルタ地域の特徴として、移民の数が少なくネイティブ率が高い点が挙げられます。
市内には7つの高校があり、おすすめポイントは以下のとおりです。
  • バンクーバーよりも治安が良い
  • 質の高い教師陣がいることで有名
  • 大学進学を見越したプログラム
  • 保護者向けにオンラインで生徒の様子が分かるシステムを採用

治安が良いことで知られるバンクーバーよりも、さらに治安が良い点は生徒にとっても保護者にとっても嬉しいですね。滞在に関しても、ネイティブカナディアンの家庭を斡旋してくれるので、想像通りの留学生活が送れる可能性が高いですよ。


Golden Hills International ゴールデンヒルズ教育委員会

基本情報
場所 アルバータ州 ストラスモア、ドラムヘラー、スリーヒルズ
形態 公立 共学
アクセス カルガリー市内から車で30分ほど
滞在方法
ゴールデンヒルズはアルバータ州南部にあるカルガリー郊外の学区です。ストラスモア、ドラムへラーとスリーブヒルズの3つの街で構成されています。
最も特徴的なのは、公立校でありながら学生寮に滞在できる点です。公立で寮があるのは、カナダでゴールデンヒルズだけです。もちろんホームステイも選べるので、要望に合わせた対応が可能です。

その他のおすすめポイントは以下のとおりです。
  • ブリティッシュコロンビア州よりも日本人の比率が低い
  • 人口が少ない地域なので、落ち着いた学習環境がある
  • 学生寮では24時間体制でスタッフのサポートが受けられる
  • 学費が他の州と比較して割安

カナダ留学前に高校生がしておくべきこと

続いて、留学前にしておくべきことをご紹介します。留学生活をより価値のあるものにするために、忘れずにチェックしておきましょう。

カナダの文化を学習する

カナダ留学_高校生_しておくべきこと 2019-09-25 17.48.49
渡航前には、カナダという国にどのような文化があるのかを事前に調べておきましょう。
例えば、
  • コーヒーが大好きな人が多い
  • 家族を大切にする人が多い
  • 移民国家なので、異文化に寛容でフレンドリーな人が多いなどがあります。
事前に日本とは違う点を知っておくことで、留学先でのカルチャーショックを和らげ、理解が深まります。

留学前から英語力を磨く

留学をしたからといって、英語が堪能になるわけではありません。現地での授業をより濃いものにするには、やはり事前学習が非常に重要です。せめて中学英語を復習して、基礎レベルは完璧にしておくことをおすすめします。基礎的な英語力の有無は、現地でのモチベーション維持にもつながります。
留学ワールドなら、留学前に無料で会話レッスンが受けられます。最大で週2回のレッスンが受けられるため、十分に留学の準備ができますよ!

ビザやパスポートの申請を忘れない

基本的なことですが、パスポートや滞在期間に応じたビザの申請を忘れないようにしましょう。せっかくの楽しい留学が台無しになってしまうので、確実に準備してくださいね。


留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応