留学・海外留学なら留学ワールド

2016/06/02

ベトナム人に人気がある留学先 TOP3

ここ2年間でベトナムから海外に留学する人は7倍に増加しました。2015年の統計によると2015年の1年間で100,000人のベトナム人が留学をしています。それぞれ様々な国へ留学していますが、人気トップ3はアメリカ、オーストラリア、日本という結果でした。

留学してみたいと思ったら・・・
まずは相談してみよう!

1、アメリカはオーストラリアを超えて1番の留学先

column-vietnam-1 ベトナム出入国局の2015年11月までのデータによるとアメリカへ留学しているベトナム人は約2万8千人いて、アメリカの留学性の中で6番目に多い国籍です。増加の理由としてベトナム国内でアメリカは教育の質が非常に高いイメージがあり、ベトナムの経済も急成長していることが挙げられます。そして先月アメリカのオバマ大統領がベトナムに訪問し、ベトナムの若者の教育チャンスを支援することを発表したので今後さらにアメリカにある大学がベトナム人留学生を意欲的に歓迎するといわれています。

2、治安がよく住みやすい国オーストラリア

column-vietnam-2 オーストラリアは世界で3番目に教育の質が高い国と言われており、温暖で環境も穏やかなためベトナム人に昔から人気がある国の一つです。学費が少し高いのですが、ビザなどImmigrationがアメリカに比べて厳しくなく、アルバイトも探しやすいため金銭面での問題も少ない傾向にあります。ベトナム人のオーストラリア留学は約50年前から開始されていますが、2000年ごろからブームとなっており、現在2万7千人のベトナム人留学生がいます。
卒業後にオーストラリアに滞在し続けることは少し厳しくなっていますがベトナム経済も発展しているため、海外留学生向けの大きなチャンスも多くありますので渡航前から卒業後に帰国することを思い切る人もどんどん増えてきています。

3、日本は新しい人気留学先

column-vietnam-3 約10年前からベトナムに投資する日系企業が増え始めたため、日本に留学するベトナム人が増えています。2015年の日本へ留学するベトナム人の増加率は過去最大で2014年の同時期と比較すると2倍の3万8千人となり、初めてアメリカとオーストラリアを超えました。日本の留学生の中でベトナム人はネパールに次いで多い国籍となりました。しかし日本ではベトナム留学生と研究生の2つの移民種類があり、先ほど提示したデータは2つの種類が混ざった総合データとなります。

日系企業のベトナム進出は年々進んでいるものの、現在日本語力の高い人材は不足しているため、ベトナム・日本両国の政府はますます日本留学への支援を強化することが期待されています。



  • まとめ
ベトナム人はもともと学問に精進する精神を持っていますので、経済の発展とともに国民の収入も上がっているため勉強に投資するひとが増えています。今回ご紹介した3か国だけでなくカナダ、ニュージーランド、北欧、シンガポールなども人気が高く、最近では英語を勉強するための短期留学の人気も高まっています。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応