留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

フランスワーキングホリデー

ワーキングホリデー

仕事付きの休暇で現地を体験

自由度の高い1年でフランスという国を味わい尽くすチャンスこそワーキングホリデーです。ビザの名称にある「バカンス(休暇)と「トラヴァイユ(仕事)」を充実させて、勉強三昧の留学ではちょっと難しい憧れのフランス生活を実現させてみましょう。
※このビザで滞在が許可されているのはフランス本土のみで、海外県や海外領土は含まれません。

ワーキングホリデー

ビザ申請資格

年齢 申請完了時に18歳以上31歳未満であること
ビザ期間 入国日から1年間
発行数 1年に1500名
就学の制限 特になし
就労の制限 週35時間までの就労が可能
ビザ申請条件 年齢が18歳以上31未満であること
対象国の国籍保持者であること
€3100以上の資金の証明ができること
子供などの扶養家族がいないこと
申請に必要な書類 記入済みの申請用紙
有効なパスポート
資金の証明
動機作文・履歴書
健康診断
海外旅行保険加入の証明 他

現地生活

滞在方法

まず学校に通う予定があればホームステイや学生寮の手配を依頼すると楽です。現地生活に慣れてきたらコロカシオン(ハウスシェア・アパートシェア)を探すのが一般的で、費用を抑える意味では正解です。都市部ではアパルトマンでの一人暮らしもできます。条件を少し妥協すれば安く住める部屋も見つかります。

アルバイト

ワーキングホリデーメーカーに見つけやすいのが土産物店やカフェ、飲食店の接客業です。仕事が集中しているのは観光が盛んなパリ。日本食レストランなどの日系のお店も多く、まだフランス語の能力に自信がない人も比較的応募しやすいです。

滞在方法

勉強・遊び

フランスの生活や文化を体験、そして理解する1年、というのがワーキングホリデーの概要です。仕事に没頭するだけでなく、国内旅行や、行き先で使えるフランス語の修得のための活動も計画に組み込むとより実りの多い時間にすることができるでしょう。

フランスワーキングホリデー注目ポイント

「しっかり勉強」派には合わないかも

活動の幅を広げるための語学学習はするに越したころはありませんが、長期に渡ってじっくりフランス語を上達させるのが希望であればワーキングホリデーより学生ビザの方が適しているかもしれません。一生に一度のワーホリは勉強以外にも自由に過ごしたいと思い、行動に移すことができる時期のためにとっておきましょう。

ワーキングホリデーメーカーにお勧めの学校

◆France Langue Paris Notre-Dame

France Langue Paris Notre Dame

授業もロケーションも◎

パリの中心部のカルチェ・ラタンに位置する、リーズナブルな費用ながら良質な授業を提供する伝統ある語学学校。好立地も、アルバイト先からのアクセスや遊びに行く時の移動の良さという意味でポイント高いです!詳しくはこちら