留学・海外留学なら留学ワールド

留学ワールド
  • フリーダイアル0120-4192-09
  • インスラグラム
  • ツイッター
  • LINE

アイルランドビザ

旅行・観光目的であればアイルランドに入国・滞在するのにビザは要りませんが、滞在期間が長かったり目的が勉強、就労などである場合は事前のビザ取得が必須です。2016年現在、アイルランドへの直行便は日本から飛んでいませんが、乗り継ぎをする国によってはその国の入国審査を通ってから再度搭乗する必要も出てきますので、出発前に「乗り継ぎのビザ」の詳細を確認することをお勧めします。

注意:アイルランド共和国と隣接している「北アイルランド」はイギリス(UK)の一部なので、ビザの制度は違い、イギリスの規定等が適応されます。



観光ビザ・ビザなし

日本国籍の場合は90日短期滞在であれば事前のビザ申請をせずにアイルランドに入国できます。滞在期間中は学校に通うこともできます。原則としてビザの期間延長や切り替えはできないので、長期で通いたい場合は事前に学生ビザの申請、現地到着後もっと長くいたくなった場合は一度出国して改めて申請をする必要があります。



学生ビザ

アイルランドの場合、学生ビザは日本にある大使館や申請センターに赴く必要はなく、学校申込後に必要な書類を揃えて現地到着後に空港のイミグレーション審査や移民オフィスでの申請が可能です。



学生ビザ

  • 学校に3ヶ月以上通うためのビザ
  • 期間はコースにより変わります
  • 就労はフルタイムで期間が25週間以上のアカデミックイヤー課程の申込で可能
  • 現地到着後に取得
  • 語学コースであれば英語力の証明不要
  • 医療保険加入の証明が必要
  • 現地での外国人登録が必要

その他のビザ

アイルランドは日本とのワーキングホリデー協定国です。ビザ保持者には就労と就学がともにフルタイム・パートタイムで許可されていて、「働く」と「学ぶ」を自由に組み込んだ留学計画が立てられます。イギリスのYMSに落選してしまった方も、ヨーロッパにワーキングホリデーに行くという夢を実現すべくぜひご検討ください。



ワーキングホリデービザ

  • 18-30歳を対象とした長期休暇の滞在資金を賄う就労を認めるビザ
  • 期間は最大1年
  • 1年の発行枠:日本国籍は400名
  • 年に2回に分けて応募
  • 就労・インターンシップ・就学が可能
  • 永住国のアイルランド大使館での事前申請(郵送)が必要
  • 語学力の証明は不要
  • 医療保険加入の証明が必要
  • 現地での外国人登録が必要

アイルランドビザ注意点

  • イギリスの入国審査もクリアできるようにする
  • イギリス(UK)とアイルランド共和国は入国審査なしの行き来を許可する協定を結んでいます。その分、この制度を悪用されないための姿勢も厳しく整っており、アイルランドが定める条件は満たしていてもイギリスの審査で止まられたりすることも可能性としてはあります。イギリスを経由する飛行機を利用する場合や滞在中の小旅行の際は事前に必要事項を調べて準備しておくのが大事です。



申し込むメリット

    • 日本最大級の学校紹介数。
      より多くの学校の中からお選び頂けます。
    • 手続きやビザサポート費用をいただかない手数料無料のエージェントです。
    • 世界主要8都市に直営の現地オフィスを展開
      充実の現地サポートをご提供しています。
    • 大好評!出発前の無料英会話レッスン&無料オンラインレッスンプレゼント!
    • 海外旅行保険や航空券等の各種手配もフルサポート!
    • J-CROSS認証留学事業者。
      さらに安心のプライバシーマーク取得企業