留学・海外留学なら留学ワールド

Working holidayインターンシップ・ボランティア留学とは?

カフェのウェイトレス

海外で職務体験を積み、語学力と仕事をする能力を養う活動的な留学です。研修生として現地の企業で働くインターンシップや、地域のコミュニティやチャリティー団体で活動するボランティアプログラムを通してオールラウンドに成長して帰国。現地で磨いたスキルは日本での就職活動や仕事復帰の際にも応用できるかもしれません。

Check pointインターンシップ・ボランティア留学のポイント

  • 語学だけでなく、実践的なスキルを身につける

    海外の仕事現場に身を置くことで、語学力だけでなく広い範囲で活用できる能力やビジネススキルを習得して帰国する留学が実現できます。たとえば外資系の企業への就職・転職を目指す方は現場で磨いた技能を確かな即戦力としてアピールできるようにすると良いでしょう。

  • 現地のネイティブたちと交流する

    語学学校に通っていると、必然的に交流が多くなるのはクラスメートの、現地の言葉を母語としない留学生です。一般的な語学留学では意外とネイティブと知り合う機会が少ないかもしれないですが、現地の企業や団体に所属するのは外国人・現地人両方と交流していながら活動をするということです。職務経験を積むだけでなく、ネイティブの人との会話を通して言葉の習得もサポートされるというメリットがあります。

    バックパッカー

information「インターン」と「ボランティア」の違い

「インターン」とは

「インターンシップ」は企業研修のことで、その職場で実際に日々行われている業務に携わる形になります。受け入れ先は主に民間の会社です。正規雇用の場合と同じように応募者は能力や経験の有無などで選別され、一時的にしか在籍しないインターンの枠であってもその企業にとって戦力となる人材が採用されます。
例:ホテル、旅行会社、貿易会社など

「ボランティア」とは

インターンの場合は民間企業で仕事をする体験となりますが、ボランティアの場合、受け入れ先は公的なチャリティー団体や教育現場が一般的です。無償で慈善活動を行うというコンセプトで、インターンのようにビジネス現場を体験するよりも、現地の人たちと交流しながら異文化体験をして地域に何か貢献したい方に向いています。

Countryインターンシップ・ボランティア留学ができる国

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応