留学・海外留学なら留学ワールド

短期留学・長期留学の違い

留学期間について

留学生
自己啓発や自己投資のひとつである「留学」には当然ながら相応の費用、そして時間がかかります。望みの成果が出ればそれも無駄にはなりませんが、やはり出発を決断する前は「あまり短い・長い間行っても価値はあるのだろうか」と迷うものです。
以下の項目では、主に短期・長期で行く一般的な「語学留学」について、両方の概要、メリット・デメリットや特徴などについて解説していきます。

短期留学の特徴

  • 一般的な短期留学は3ヶ月未満

    短期・長期の定義は個人差もあるかと思いますが、一般的に数週間から3ヶ月ほどの期間なら「短期留学」と言って良いでしょう。一般的な語学留学だと、最短1週間で行くこともできます。
  • ビザが不要なことが多い

    多くの国の場合、ビザ(外国人のその国での滞在を許可する査証)を日本で申請する必要はなく、入国審査でパスポートに押されるスタンプ(一般的に言う「観光ビザ」)だけで学校に通えます。しかし、必ずしもビザ不要=短期、また長期=ビザは絶対必要というわけではなく、国ごとの規定によって事情は変わります。例えば、3ヶ月以下の滞在でも、学校に通う場合はビザがいる国もあれば、観光ビザで6ヶ月までの滞在が可能な国もありますので、行きたい国のビザ事情はしっかりと確認しましょう。
  • 期間限定の語学+アクティビティプラン

    夏休みや春休み、クリスマスのシーズンには10代や大学生向けの短期プログラムが開催される学校があります。また、特定のシーズンに開講されるシニア限定文化体験コースがあったり、楽しみながら英語学習・体験学習が出来る短期向けプログラムもあります。季節イベントにあわせて渡航するのもおすすめです。



短期留学のメリット

飛行機
気軽に留学が可能
短期で行くということは、割く時間が少なくて済むということです。多くの語学学校は1週間から受け入れが可能ですので、長期でお休みが取りづらい方も気軽に行くことが可能です。長期留学の前にまずはお試しで1,2週間留学をしてみる、という方もいます。余裕があれば「何回でも」様々な留学先へ行くことができます。
また、ビザが不要な分長期留学よりも準備期間が短く済み、より早く渡航が可能です。

留学資金が抑えられる
当たり前ではありますが、同じ国や学校に行くにしても、留学期間が短い方が、滞在費や学費も安く済み、トータルの予算を抑えることが出来ます。その分旅行に費やしたりすることも出来るので、留学+観光・旅行でご検討の方にもおすすめです。

短期留学のデメリット

悩む女性
慣れた頃に帰国、という短さ
現地の滞在期間が短いと、到着してから時差、天候、土地、言葉などにちょうど慣れはじめた頃にはもう留学期間も残りわずか...という状況にもなりえます。「もっと長くいたかった」という後悔が残ってしまわないように、出発前から英語の勉強をしておく、現地での計画を立てておくなど準備をしっかりとしておきましょう。

飛躍的な語学力向上は難しい
個人差はありますが、短い留学期間で分かりやすい語学能力の向上を実感するのは現実的ではないかもしれません。通常、語学学校でひとつ上のレベルに上がるには8-12週間、短くても4週間が目安となりますので、飛躍的な語学力向上を目指すのであれば、長期留学のほうがおすすめではあります。

短期留学におすすめの国

フィリピンの海
フィリピン
フィリピン留学は英語を短期で習得するのに最適な環境です。1日のレッスン数が平均8時間前後と、欧米の国のレッスン数の2倍あり、また、マンツーマンレッスンがメインのため、短期で集中的に英語を学ぶのに最適な学習環境です。また、個別レッスンでは一人一人にあったレッスンをしてくれるため、英語力が初級の方にもおすすめです。日本から直行便が多く、片道4時間から行くことが出来るのも気軽に行けるポイントです。

マルタの町並み
マルタ
リゾート留学として注目されているマルタは、ヨーロッパ地中海の真ん中に浮かぶ小さな島国です。東京23区の半分(淡路島の半分)ほどの面積のコンパクトな国ですが、世界遺産の街や、きれいな海・自然が豊富で、短期で旅行も兼ねて留学される方が増えています。1年を通して温暖な気候も人気のポイントです。

長期留学の特徴

  • 4ヶ月以上なら長期留学

    数週間や1-3ヶ月の留学期間なら「短期」、4-5ヶ月から半年以上の期間だと「長期」と考えて良いでしょう。学生や社会人が行く語学留学だと、最長でも1年前後の期間が一般的です(大学の学部卒業、専門学校のディプロマ取得などを目指す正規留学を除く)。
  • 国によって必要なビザに注意

    留学などの目的でその国に長期滞在をする必要があるなら、大抵の場合は渡航前にビザ(学生ビザやワーキングホリデーなど)の申請をしないといけません。国によっては半年(6ヶ月・180日)までの滞在を観光ビザだけですることもできますが、そういった場合は半年の長期間でもビザ申請は不要ということになります。

長期留学のメリット

様々な言語
語学力が上達しやすい
外国語を覚えて使えるようになるには時間がかかります。ほんの数週間では伸ばすのは現実的ではなくても、長く通ってしっかり勉強していれば、自信や慣れとは別に、その言語の能力そのものの向上という成果が得られます。また、語学学校内だけでなく、外に出れば英語などの外国語の環境になりますので、現地の言葉を使う場面が多いほうが自然と行きた語学力が身につくようになります。

語学以外にもチャレンジしやすい
短期の留学では中々できないのが語学学習以外の本格的な勉強です。たとえば大学の授業の聴講、インターンシップ(就業体験)やボランティア、専門分野の資格が取れるプログラムなどは、長期間の勉強から来る一定以上の語学力がなければ参加不可、また数週間から数ヶ月という期間で実施されることが多いので長期の留学でしかできません。また英語コースでも、一般英語コースの後に試験対策英語コース、ビジネス英語コースなど目的にあわせてコースを組み合わせやすくなります。

長期で海外生活の経験が出来る
長期留学の場合は、現地でご自身でシェアハウスを探したり、働けるビザを保有している場合は現地でアルバイトをしたりと、現地の生活をよりリアルに体験していただけます。海外に長期で住んでみたい方にもオススメです。

長期留学のデメリット

困った男性
油断していると「遊学」で終わってしまう
長期で行くと、良くも悪くも現地と学校に慣れてきます。しかし、慣れてくると、学校生活のマンネリ化、語学力の伸びが最初の頃と比べて遅く感じることに対する焦り、下がるモチベーション、退屈など、長期ならではのネガティブなことも生まれてきてしまいます。その時、遊び惚ける誘惑に負けてしまうと、留学もただの長い海外旅行、「遊学」になってしまいますので、コースを変えてみる、語学以外のことにも挑戦してみるなど気分を変えながら勉強をしていきましょう。

生活や学業、キャリアに与える影響が大きい
長期留学は必然的に学業やキャリアに大きな「穴」を開けてしまいます。大学を休学、帰国後の再採用が保証されていない退職の上で行った留学の「帰国後の生活」はおそらく以前と全く同じままというわけにはいかないでしょう。留学で得たものをしっかり理解し、アピールできるようにもなっていないと、大金を費やし自分磨きで行ったはずの留学が就活や転職活動で自分を不利にさせるという最悪の結果にもなりかねません。語学力の証明や資格を取っておく、帰国後の目標をしっかり立てておくなどの計画が必要です。
留学ワールドでは帰国後のキャリアサポートも行っています。

長期留学におすすめの国

    ハリウッドサイン
    アメリカ
    アメリカの学生ビザは最大5年間おりますので、長期留学される方も多いです。長期語学留学では大学の聴講が出来るプログラムがあったり、語学留学からスタートして現地校に進学という道も切り開きやすいです。また、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市は特に、長期留学でも飽きずに刺激的な環境で勉強を続けて行くことが可能です。

ロンドン
イギリス
質の高い、歴史ある語学学校が多数ありますので、しっかりとまじめに長期で英語を学びたい方におすすめです。近隣のヨーロッパの国々が近く、安く気軽に旅行に行ける距離ですので、息抜きをしながら留学生活を続けやすいです。学校が様々な地域に点在していますので、他都市留学も人気です。

カナダの町並み
カナダ
治安がよく、移民に優しいカナダは暮らしやすい国として有名で、居心地良く長期で滞在が可能です。語学学校の数も多く、アジア留学生の受け入れに慣れています。物価が比較的安く、留学費用が抑えられるのも長期留学には嬉しいメリットです。

シドニーのオペラハウス
オーストラリア
オーストラリアは、学生ビザでも働くことが可能で時給も高いので、費用を抑えて長期で留学が可能です。試験対策のコースも充実しているため、ただの英語留学では終わらず、英語力証明資格を取って帰国される方も多いです。温暖な気候も人気のポイントです。

ニュージーランドの羊
ニュージーランド
手つかずの自然の宝庫、ニュージーランドはアウトドアが好きな方、自然に癒やされたい方に特におすすめの留学地です。スローライフを楽しみながら英語をしっかり学べる貴重な留学先です。留学費用も抑えやすく、学校によってはアルバイトも可能です。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応