留学・海外留学なら留学ワールド

フィリピン留学 英語を伸ばすための学校の選び方

フィリピンの語学学校の学生たち
留学をする際、まず決めなければいけないのは学校です。その際に多くの方がお考えになるのは、留学する学校は日本人が少ない方が良いのかということでしょう。
結論から言いますと、フィリピン留学に関しては必ずしも日本人が少ない学校のほうが語学力が伸びるわけではありません。むしろ、フィリピン留学で英語力を伸ばすポイントは別にあります。こちらのページでは、フィリピンに留学する際、日本人の少ない学校を選ぶべきかと、英語力を伸ばすためにはどのようにすればよいのかについてご紹介します。

日本人が少ない学校は「よい」学校なのか

フィリピンの語学学校の授業風景
英語力を伸ばすために、日本人とは極力関わらず授業時間外でもたくさん英語を話す機会を持った方が良いという考え方から、日本人が多い語学学校に通うことを躊躇する方は多いです。
しかしながら、フィリピン留学は授業時間が非常に長いことが特徴であり、学校やコースにも寄りますが一日6~8時間程度の授業時間となります。また、フィリピン留学は基本的にマンツーマンレッスンが多いため、授業中に英語を話す機会と時間が非常に多くなります。欧米での留学の場合、授業時間はフィリピンよりも短く、グループ授業が多い学校がほとんどです。そのため、英語を話す機会が少なくなってしまうことはよくあります。

このように、フィリピン留学は他国での留学と比較すると、授業内で十分すぎるほど英語を話すことができます。そのため、日本人の学生が多いか・少ないかということは、英語の伸びには直接影響しないと言えます。むしろ、語学上達に影響する要因は別の部分にあります。

英語話をしているだけでは語学力は伸びない

留学生の交流
英語を話しているだけでは伸びる英語力には限界があります。なぜなら、ただ英語を話しているだけでは、自分の知っている単語、表現しか使わない傾向が多いので、新たな英語フレーズが増えないためです。もちろん、英語をたくさん話すことのメリットはあります。それは、英語を話すことに慣れたり、恥じらいがなくなることです。これは英語学習の初期段階では非常に大切なことですが、中級レベルになってくると初級の状態の時ほど意味はありません。中級以上になってくると、単に英語を使って人と自由に会話してるだけでは、なかなか英語力が伸びないのです。

英語を使って人とただ自由に会話することを、フリートーキングと呼びます。そして、フィリピン留学の失敗談としてよく挙がるのがこのフリートーキングのみをたくさん行ってしまったということです。それでは、英語力を伸ばすにはどうすれば良いののでしょうか。

授業の復習が大事

留学生たちの勉強の様子
英語学習は人によって合う方法、合わない方法があります。しかしながら、フィリピンの語学学校に通う方におすすめの勉強スタイルは、日本人が少ない学校に行って授業が終わった後に現地の人と多く話すよりも、とにかく授業の復習をして知らなかったフレーズや言えなかったフレーズを覚える方法です。

実際に、フィリピン留学へ行った方の中には、復習をし続けたことで留学前はまったく英語を話せなかった状態から、留学が終わる頃には現地の人と何の苦もなく英語を話せるようになったという例がありました。特にフィリピン留学は授業時間が長いので、授業後には復習しなければいけないことが多くあり、大変です。しかし、復習をすることで自分の中に新たな英語表現の蓄積され、ただ英語を話していた時と比較すると英語の伸びが実感できます。
語学学校のカリキュラムは英語学習に最適な方法の一つを提示してくれているものなので、授業の復習を何よりも最優先に行うことで、効率よく英語力をあげられます。

日本人が少ない学校も魅力的

語学学校の授業風景
英語力が伸びるかはどうかは環境よりもご自身の勉強方法や意識によるところが大きいですが、日本人が少ない学校に行って、外国人と交流しやすい環境に自分を追い込むのも一つの方法です。

また、現地の人との触れ合いは英語だけでなく文化を学ぶチャンスでもあります。例えば、現地の人の方は観光客や留学生にはあまり知られていない美味しいレストランを教えてくれたり、自分たちの文化の話をしてくれたりと、日本では体験できない文化の違いや新たな価値観などを学ぶチャンスをくれます。そのため、日本人が少ない学校に行き、外国人と交流しやすい環境を作ることは、良い選択肢の一つです。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応