留学・海外留学なら留学ワールド

Young Learnersジュニア留学とは

ジュニア留学
「世界」がどんどん身近になってきている現代、子供やティーンエージャーにもグローバルな感覚が求められてきています。わが子にも海外に興味を持ってほしいと願う親も少なくないはずですが、その一方でやっぱり留学に行かせるのは大きな覚悟がいるからと躊躇ってしまうこともあるかもしれません。しかし、中学・高校生のジュニア世代には気軽に参加できる短期プログラムという選択があり、大きなプレッシャーもなく「留学」が実現できます。食事、宿泊費、遠足の際の移動などが全部含まれたセット料金なので手間も最小限に抑えられて安心です。

Key pointsなぜ今ジュニア留学なのか?

  • 早いうちに子供を海外に慣れされる

    サマースクールの受け入れ年齢は中学生、高校生と10代が主ですが、小学生でも参加できるジュニアプログラムも時々あります。好奇心が旺盛で知識や技術の吸収が速い時期に「味わってみる」感覚で子供を送り出してみると、思う以上に興味を持って「世界」に目を向けてくれるかもしれません。

  • 楽しみながら学習できる

    学校で一日中みっちり勉強という過ごし方ではなく、勉強と遊びがバランスよく混ざっている時間割がサマースクールの魅力の一つです。硬く身構えず、楽しみながら英語環境で生活し、スキルアップだけでなく何より英語を使う自信をつける「学習」ができるプログラムだから気軽に参加できます。

    ジュニア留学

Informationジュニア留学お役立ち情報

英語レッスン+アクティビティ

サマースクールの内容としては最も一般的です。平日は年齢・レベル別で分けられたクラスで英語レッスンに臨み、午後はスポーツ、映画、ワークショップなどのアクティビティをして過ごします。週末はグループで色んな観光地に遠足に出かけて、プログラムが開講されているキャンパスと街以外にも色んなところを見てまわれます。

英語とアカデミックな学習

将来的には海外の高校や大学への進学を検討している場合は「英語を」学習するだけでなく「英語で」学習するアカデミックな内容のサマースクールで学生気分を味わってみるのも良いです。自分にその環境が合うのかどうかの判断材料にもなります。すでに英語ができて、もう少しチャレンジをしてみたい中学生や高校生の方はご検討ください。

アクティビティ中心なプログラム

語学自体の学習よりも、英語を使いながら参加している子供たち同士でミニプロジェクトを進めたり、スポーツをして過ごすキャンプのような内容のプログラムもあります。スポーツ、ダンス、演劇、アート、アドベンチャーキャンプなど、言葉はある程度できてアクティブに過ごしたいという人にお勧めです。

Q&AQ &A:気になるポイント

いつ留学に行かせるのがベストですか?
留学のタイミングの良し悪しは人それぞれですが、お子様本人にその気があり、好奇心や探究心が旺盛な時期に行かせると一番良い成果が期待できます。早ければ早いほど良いとは限らないので、焦らず親子で相談しながら時期を決めるように。
「ジュニア」とは何歳までですか?
ジュニア留学のプログラムは語学学校が通常受け入れしていない未成年の生徒が対象となっています。留学先の国の多くは18歳以上が成人扱いとなるため、ジュニア向けプログラムは参加年齢が17歳までとなっていることが多いです。

Countriesジュニア留学ができる国

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応