留学・海外留学なら留学ワールド

オーストラリア留学 費用について

オーストラリアのイメージ
留学先として常に人気なオーストラリアですが、残念ながら留学費用は比較的高めです。しかし、事前の計画と工夫によっては、留学費用を大幅に抑えることができます!

こちらでは、オーストラリア留学で人気な語学留学ワーキングホリデー大学留学中学・高校留学別にかかる費用と節約術、注意点などについてご紹介します。

オーストラリア留学費用の内訳

授業料・学費:学校によってさまざま

オーストラリア留学
学費は留学中の費用で1/4から半分ほどの割合を占め、学校・コース・学部などによって大きく差が出ます。

語学学校では一般的に週単位で金額が提示されており、長く通うほど1週間の費用が安くなります。

専門学校の学費は1ターム(学期)やコース単位で提示されていることが多いです。費用はコースや学位によって非常に大きく差が出ます。

中学・高校は1タームや1年単位で学費が提示されます。費用は私立か公立かで非常に大きな差が出ます。サマーキャンプの場合は、滞在費などまで含めたパッケージ料金が提示されます。

大学・大学院は1年ごとの提示が一般的です。中学・高校と同様に、私立か公立かによって学費の相場が大きく変わってきます。

オーストラリア語学留学の費用
オーストラリアワーホリの費用
オーストラリア大学留学の費用
オーストラリア中学・高校留学の費用

滞在費(家賃・光熱費)

アパート
オーストラリアの不動産は年々高騰しており、家賃が高いことが社会問題にも…。特に大都市のホームステイや学生寮は高いため、市街地から離れた場所でのシェアハウスがおすすめです。ルームシェアにすると、さらに安く家賃を抑えることができます。

滞在費用(家賃・光熱費)の目安(1ヶ月)
  • ホームステイ:9万円〜
  • 学生寮:10万円~
  • シェアハウス(光熱費込み・オウンルーム):5.5万円〜
  • シェアルーム(光熱費込み):4万円〜

生活費

スーパーでの買い物
オーストラリアは物価が高く、特に外食は1食1,000円程度と高額です。生活費は、自炊をメインにするか外食をメインにするかで大きく異なります。物価が高いと言えど、食材費は日本とあまり変わらないので、節約したい方は自炊メインの生活がおすすめです。

オーストラリアの生活について

生活費の目安(1ヶ月)
  • 食費:2万円
    ※毎日自炊をする場合
  • 食費:6〜7万円
    ※頻繁に外食をする場合
  • 日用品・消耗品:1,500円〜
  • 交通費:5千円〜1万円
  • 通信費:1,500円〜
  • 交際費:1万円~

渡航費

飛行機
オーストラリアまで航空券は、渡航時期や行先によって8万円前後の差が出ます。

ハイシーズンはゴールデンウィーク、夏休み、年末年始などですが、特に年末年始はオーストラリアの夏に当たるため、バカンスを楽しむ観光客に影響されてチケットが高くなります。
航空券費用の目安【東京・シドニー間】
  • ローシーズン(6.5~9.5万円):3月、5月、6月、9月、11月
  • 普通(10万円):2月、4月、7月、8月、10月
  • ハイシーズン(11万円〜):12月、1月
※経由便:ジェットスター、フィリピン航空、タイ航空、キャセイパシフィック航空、チャイナエアラインなど
※直行便:カンタス航空、日本航空、全日空

海外旅行保険・留学生保険

保険の申込書イメージ
オーストラリアでは、学生ビザで留学する場合はOSHCという留学生専用の保険への加入が義務付けられています。しかし対応がすべて英語など、いざというときに戸惑う部分が多いため、ほとんどの方は日本の海外旅行保険にも加入していきます。ワーキングホリデーの方は保険の加入が義務付けられていませんが、必ず入るようにしてください。

保険料は保険会社やプランによって異なり、日本の海外旅行保険はサポートや補償内容が手厚いものの料金は比較的高めです。現地の保険(OVHC)はキャッシュレス診療ができないなど補償内容があまり充実しておらず、英語対応となりますが、安いプランのものを見つけることができます。

海外旅行保険・留学保険の目安(1ヶ月)
  • 日本の保険会社:9千~1.5万円
  • 現地の保険会社:5千~1万円

その他諸費用

コイン
その他、学校の入学金・教材費、滞在先手配料、ビザ申請費、パスポートの申請費、有料の場合はエージェント手数料が必要です。ビザの申請費用は頻繁に変わるのでご注意ください。

その他の費用の目安
  • 入学金(語学学校):2万円
  • 教材費(語学学校):8千円~
  • 観光ビザ申請料:1,400円($20)
  • 学生ビザ申請料:4.5万円($620)
  • ワーホリビザ申請料:3.5万円($485)
  • パスポート費用
    ・5年間(12歳未満):6,000円
    ・5年間(12歳以上):1.1万円
    ・10年間:1.6万円
  • 留学エージェント費用(有料):5万円〜10万円
※2019年8月現在

オーストラリア留学種類別費用の解説

オーストラリア語学留学の費用

語学学校の費用は、学校やコースはもちろん、留学先の都市によっても異なります。同じ学校であってもキャンパス間で学費に差があるので、学校選びの際は学校の場所も注目してみてください。
※下記はビザ申請費、渡航費、海外旅行保険費、学費、滞在費、生活費を含んだ費用となります

4週間 約40~55万
3ヶ月間 約80~150万
半年間 約140~250万
1年間 約250~400万
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください(1AUD=74円で計算、2019年8月現在)

学校選びの際はCRICOSコードのあるコースを
学費を抑えたいからと言って、むやみに格安校を選ぶのは危険です。格安校はしっかり授業をしてくれなかったり、サポートが不十分だったり、途中で閉校してしまったりとトラブルが発生する可能性があります。

そこで参考になるのがCRICOSです。オーストラリアの学校で国から認定されたコースには、CRICOSコードという番号が割り振られています。この番号が割り振られていれば、少なくとも国からの保証は受けているので、参考にするとよいでしょう。


オーストラリアワーホリの費用

ワーホリ渡航先人気No.1のオーストラリアですが、出費だけ見ると費用は高めです。お仕事をしっかりして、生活費を抑えれば、1年間100万円程度で生活することが可能です。下記は、1年間のワーホリの費用の目安です。

ビザ申請費 約4万円
航空券代 約10万円
海外旅行保険代 約22万円
学費※2 約35~40万円
生活費 約84~94万円
滞在費※3 約96~106万円
お給料※4 -160万円
収支合計 約95~120万円
※1:上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください(1AUD=74円で計算、2019年8月現在)
※2:12週間通った場合の、入学金、教材費、授業料を含めた金額です
※3:ホームステイ1か月、シェアハウス(オウンルーム)11か月で算出しています
※4:最低賃金で1日5時間、週5日、9か月間働いた場合を想定しています。また、所得税を控除するまえの金額になっています

最低賃金はワーホリ主要国のなかでトップレベル!
オーストラリアの魅力は、何と言ってもお給料が高いこと。英語圏の国の中ではトップレベルで、年々上昇傾向にあります。

しかしながら、日系の企業では最低賃金が支払われなかったり、所得税でかなりの金額が引かれたりと、デメリットもあります。年間で100万円以上稼ぐのであれば、ローカルの企業でしっかり働くことをおすすめします。



オーストラリア大学留学の費用

オーストラリアの大学は40校ほどありますが、私立大学はそのうち2校しかありません。そのため、学費の差は私立か公立かよりも、学部によって出ると言えます。

下記は、1年間の大学留学に必要な費用の目安です。学部卒業には3年間かかるので、トータルは下記の3倍以上の費用が必要だとお考え下さい。

学費 100~380万円
生活費 約84~94万円
滞在費※2 約96~106万円
合計費用 約280〜580万円
※1:上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください(1AUD=74円で計算、2019年8月現在)
※2:ホームステイ1か月、シェアハウス(オウンルーム)11か月で算出しています

ファウンデーションコースと語学コースの費用も視野に
オーストラリアの学士過程は3年であり、日本の大学の1年目にあたる教養課程は高校で学びます。そのため、日本の高校を卒業してオーストラリアの大学に進学する場合は、ファウンデーションコースに通い、教養課程を修了する必要があります。

また、ファウンデーションコース、大学進学ともに高い英語力が必要なため、語学学校の進学準備コースなどに通う必要もあります。大学進学の際は、それらも考慮して予算を立てることが大切です。

オーストラリア中学・高校留学費用

中学・高校留学の場合、滞在先はホームステイか学生寮が一般的です。そのため、滞在費は非常に高くなります。一方、オーストラリアはアメリカやイギリスと異なり、公立学校に通うという選択肢がありますので、その部分で学費を節約することが可能です。

学費 約100万円〜(公立)
約240万円~(私立)
生活費 約50万円
滞在費※2 約120万円
合計費用 (公)約270万円~
(私)約410万円~
※1:上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください(1AUD=74円で計算、2019年8月現在)
※2:ホームステイ12か月として算出しています

公立学校へ行く場合、300万円ほど見ておくといい
オーストラリアの中学・高校留学では公立学校に通えるとはいえ、生活費、滞在費、ガーディアン費用などを含め、300万円ほど準備されておくといいでしょう。また、高校入学前に語学学校へ通う必要がある場合は、その資金も必要です。

本当に高校留学すべきか迷っているという場合は、サマースクールに参加してみるのがおすすめです。夏休みの短期間で高校生活を体験できるため、正規留学をする前のお試し留学として人気です。


オーストラリア留学費用の節約方法

節約のコツ①
キャンペーンの利用と学校の比較で学費を節約

セールのイメージ
語学学校では、授業料の割引、無料授業の追加といったキャンペーンを頻繁に行っています。留学が長期になるほどキャンペーンは学費に影響しますので、ぜひ活用しましょう。また、語学学校の授業料は年々値上がりの傾向にあります。そのため、留学の前年や学校の料金改定前に申し込むとお得になることもあります。キャンペーンや料金改定については、留学エージェントに問い合わせると簡単に情報を得ることができます。

専門学校の場合は、語学コースと専門コースのパッケージや、certificateコースとdiplomaコースのパッケージなどで授業料が安くなります。こちらの情報は、学校のホームページやエージェントへの問い合わせで見つけられます。

大学・カレッジ、中学・高校が学費の割引をすることはほとんどありません。学費は通う学校によって大きく異なるので、しっかりと比較検討することが大切です。

節約のコツ②
渡航時期の変更で航空券代を節約

旅行グッズ
留学の渡航時期のピークとなる夏休みや年末年始は、航空券が非常に高くなります。ハイシーズンの渡航を避けると、航空券は5万円ほどお得になります。南半球にあるオーストラリアは、特に現地の夏、12月から2月にかけての料金が高くなります。

また、航空会社によってはキャンペーンを行うこともありますので、留学が決まったら航空券はこまめにチェックしておきましょう。また、直行便ではなく、経由便を利用するとさらに費用が抑えられます。

節約のコツ③
留学先・滞在先を変えて現地でかかる費用を節約

オーストラリアの地図
オーストラリアは、同じ学校でも都市間で学費が異なる場合があります。多くの場合、シドニー、メルボルン、ブリスベンは学費が高く、その他の地域は比較的安めです。

また、物価についても都市間で差があります。こちらも学費同様、シドニー、メルボルン、ブリスベンは高めです。

家賃については、都市間よりも市街地か郊外かで大きな差が出ます。また、ホームステイや学生寮よりも、シェアハウスのオウンルームやルームシェアのほうが安く、1か月の家賃は5万円ほどの差が出ます。

お得なオーストラリア留学を実現するには、中〜小規模都市の郊外でシェアをするのが最も効果的です。

節約のコツ④
しっかりとアルバイトをして生活費を節約

カフェで働く女性
オーストラリアでは、学生ビザ、またはワーキングホリデービザで留学している人は就労が可能です。就労時間の制限や雇用条件はありますが、最低賃金が非常に高いため、しっかりと生活費を稼ぐことができます。

ただし、日系企業の中には最低賃金のお給料を払ってくれないところがあります。お仕事は英語力を上げたうえで、現地の企業に就職するのがおすすめです。

また、オーストラリアは税金が高く、留学生でも所得税を支払わなければなりません。税率やタックスリターンで取り返せる額は年々変わるため、注意が必要です。

節約のコツ⑤
しっかりと自炊をして生活費を節約

キッチン
物価が高いことで有名なオーストラリアですが、実は食費は日本とあまり変わりません。むしろ、グラム単位で購入できたり、一袋の量が多かったりするため、計画的に買い物をすれば日本よりも食費は抑えられます。外食はフードコートで1食500円〜1,500円、レストランだと最低でも一食1,000円からと高額なので、賢い自炊で節約を心掛けましょう。

節約のコツ⑥
無料のエージェントを利用して準備費を節約

カウンセリングの様子
留学準備に必須の学校手配、ビザ申請、航空券手配、滞在先手配、海外旅行保険申込みなどは、有料のエージェントでも無料のエージェントでも対応してもらえます。また、エージェントを通して学校を申し込むことで学費を節約できることもあるので、準備費を節約したい方は無料のエージェントのご利用をおすすめします。


オーストラリア留学費用の注意点

為替レートの変動や金額の上乗せ

為替レートの掲示板
学校からの学費・滞在費などの請求はオーストラリアドル(AUDとなりますが、日本から支払いをする場合は日本円で支払います。実際の支払金額は為替レートによって異なってくるため、円高であれば安く済み、円安の時は高くなります。

教育機関や企業によっては、為替レートが変わっても損が出ないように、金額を上乗せして請求してくるところあります。1円単位の上乗せ額がわずかってあっても、請求金額が高ければ無駄な出費は多くなるので、申し込みの際は上乗せ金額があるかのチェックが必要です。

アルバイトのお給料をあてにしすぎない

特にワーホリに行かれる方に多いのですが、現地でのお給料をあてにして十分な資金を確保せずに渡航するのは危険です。

例えば、オーストラリアでの仕事として有名なファームは、行っても仕事が無かったり、毎日仕事がもらえるわけではなかったりと、予想以上に稼げないことがあります。その他の仕事でも、現地企業になかなか採用されず収入が無い期間が続いたり、急にクビになってしまったりなど、お金に苦労することがあります。

お給料が高い国とはいえ、安定して仕事ができるわけではありませんので、事前の資金準備はしっかり行いましょう。
手数料無料で留学へ!
留学ワールドは無料の留学エージェントです※。学校のお申込み、一定期間以上の就学の場合のビザ申請サポート、航空券手配など、留学準備に必須のお手続きを無料でサポートしています。

さらに、ご請求時の為替レートの上乗せ一切ありませんので、手数料が無料のエージェントの中でも、さらに安くご留学いただける一社となっています。

留学のご相談はメール、電話、カウンセリングで承っております。また、オーストラリア留学説明会も東京、大阪、名古屋の3オフィスで開催中です。



※一部サポートはお手数料をいただいております

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応